製剤学的特性情報

  • 【簡易懸濁法】ラスビック錠75mgは簡易懸濁法が可能か?

    【A】ラスビック錠75mgは、粉砕後に簡易懸濁法が可能と考えられる。錠剤のままでは、フィルムコーティングのため崩壊せず、簡易懸濁法ができない。 ・粉砕後に簡易懸濁法が可能である。12Frは通過可能であるが、8Frは通過不 […]

    2021.04.11
  • 【粉砕】ラスビック錠75mgは粉砕可能か?

    【A】ラスビック錠75mgは粉砕後、1ヶ月間は安定と考えられる。ただし光により、類縁物質が若干増加する可能性があるため、遮光保存が望ましい。 粉砕のデータ ・【散光下・室温・無包装】1ヶ月で外観が微黄白色に変化したが、含 […]

    2021.04.11
  • 【Q】ゾルトファイ配合注の開封後の使用期限は?

    ゾルトファイ配合注は使用開始後は 室温(30°C以下) の場合は3週間以内に使用 25°C以下または冷蔵庫(2~8°C)で保管した場合は4週間以内に使用 ※ただし、使用開始前であれば、冷蔵庫(2~8°C)に保管する。一般 […]

    2020.12.27
  • 半分規格を希望する錠剤(個人的な意見)

    薬剤師が錠剤を半分に割って分包する作業は手間がかかる。また、患者も分包紙だとかさばるため、半錠にすることを嫌がることがある。セロクエルの後発品のように、先発品にはない規格のクエチアピン12.5mg (セロクエル錠25mg […]

    2020.04.9
  • 【Q】ストラテラ内用液0.4%の開封後の使用期限は?

    【A】ストラテラ内用液0.4%開封後の使用期限は90日までである。(日本イーライリリー株式会社 問い合わせ窓口) 後発品であるアトモキセチン内用液0.4%「トーワ」の使用期限も同様に90日までである。先発品と同じように設 […]

    2019.09.11
  • 【Q】錠剤を粉砕したときの重量ロスは?デメリットは?

    【A】錠剤を粉砕後には粉砕機や乳棒・乳鉢、分包機に残渣が付着し、重量がロスすることが考えられる。重量ロスは粉砕する錠数と錠剤の大きさなどに依存すると報告されている。以下の記載の通り、錠数が少ないと30%ロスすることもある […]

    2019.02.26