キーワード検索

最新記事

  • 【Q】処方箋や調剤録の保存場所は?

    【A】患者のプライバシー保護に十分すれば処方箋や調剤録は薬局以外の場所での保管が可能である。ただし必要に応じて直ちに利用できる場所でなければならない。 1. 薬剤師法 (昭和35年法律146号) 第27条に規定する調剤済 […]

    2019.02.18
  • 【Q】創傷被覆材 (褥瘡) を薬局において院外処方箋で出すことができるか?

    【A】創傷被覆材 (褥瘡) は院外処方箋に記載が可能である。 ただし以下の条件に合致する必要がある。 ・在宅療養指導管理料※を算定している在宅での療養を行っている通院困難な患者 ・皮下組織に至る褥瘡(筋肉、骨等に至る褥瘡 […]

    2019.02.16
  • 【Q】10連休(GW)の薬局における休日加算の算定は?

    【A】2019年4月27日から5月6日まで10連休になることを受けて、厚生労働省は長期連休における診療報酬等の取り扱いについて通知を出した。 診療報酬については、医科診療報酬の初診料、再診料、外来診療料および歯科診療報酬 […]

    2019.02.15
  • 【Q】薬剤感受性試験の中間(intermediate:I) の意味とは?

    【A】S : susceptible (感受性)とR : resistant (耐性) に中間に位置するのが I : intermediate (中間) である。  I : intermediate (中間) […]

    2019.02.12
  • 【Q】シダトレン舌下液からシダキュア舌下錠への切り替え方法は?

    【A】シダキュア舌下錠への切り替えは、剤型変更ではなく、薬剤変更であるため、増量期 (シダキュアスギ花粉舌下錠2,000 JAU) からの開始となる。 シダキュア舌下錠は新医薬品の処方日数制限にも該当する薬剤であることか […]

    2019.02.12
  • 【Q】レグナイト錠300mgの専用保管袋における安定性は?

    【A】専用保管袋下の保存でレグナイト錠300mgは、夏場など25℃以上の高温、75%RH以上の高湿度にならなければ、3ヶ月間安定と考えられる。 専用の保管袋で保存後、25℃、75%RHの条件で3ヶ月安定だが、30℃、75 […]

    2019.02.10
  • 【Q】医薬品回収のクラスI・II・Ⅲの違いは?

    【A】医薬品回収は健康被害の程度によりクラスI・II・Ⅲに分類される。 クラスI : その製品の使用等が、重篤な健康被害又は死亡の原因となり得る状況をいう。 クラスII : その製品の使用等が、一時的な若しくは医学的に治 […]

    2019.02.9
  • 【NEWS】アムバロ配合錠「ファイザー」 自主回収

    【内容まとめ】・海外で製造されたアムバロ配合錠「ファイザー」の原薬バルサルタンから、発がん性があると考えられる①N‐ニトロソジエチルアミンと②N‐ニトロソジメチルアミンが検出されたため、自主回収となる(クラスⅠ)。 ① […]

    2019.02.9
  • 【Q】飛行機に乗る際にインスリンや針を持ち込むことはできるか?

    【A】以下の例に示すとおり、各航空会社によって対応が異なるため、各社に問い合わせることが必要と考えられる。ただし、日本の航空会社であれば国内旅行の場合は診断書や事前申告も不要と考えられる。 ・保安検査 (手荷物検査など) […]

    2019.02.8
  • 【Q】室温・常温・冷所とは?日本薬局方における定義

    【A】 室温は1〜30°C、常温は15〜25°Cである。その他、日本薬局方で定める定義を以下に記載する。 -PR- 室温 1〜30°C 標準温度 20°C 常温 15〜25°C 微温 30〜40°C 冷所  1〜15°C […]

    2019.02.8