コミナティ筋注の希釈方法は?まとめ

希釈方法 (簡潔に)
1. 生理食塩液1.8mLをバイアルに入れる
2. 希釈したワクチンを10回程度転倒混和する
3. 空気が入らないように合計0.3mLをシリンジで吸い取る
4. 1回0.3mLを筋肉内注射
5. 1回目の摂取後、3週間後に2回目を摂取する。

  • 対象者は16歳以上。
  • 3週間後にできなかったときはできるだけ速やかに2回目の摂取をする
  • 1 回接種のみでの有効性及び接種間隔を24日以上に延長した場合の有効性については十分に確立していないため、1回目の接種から3週間を超えた場合には、できる限り速やかに2回目の接種を実施してください。

希釈方法 (教科書通り)
1. 冷蔵庫から取り出し、10回ほどバイアルを転倒混和する
2. バイアルキャップを外す
3. バイアルのゴム栓をアルコール消毒
4. 生理食塩液1.8mLを1回押し切りにて、バイアルに入れる
5. シリンジ針を液から抜き、シリンジを1.8mL目盛りまで引いた後、針をゴム栓から抜く (バイアル内の陽圧を防ぐ)
6. 希釈したワクチンを10回程度転倒混和する。ゴム栓には触れないようにする
7. シリンジ内に0.3mLの空気を注入した後、0.3mLの薬液を吸い上げる (バイアル内の陰圧を防ぐ)
8.バイアルが上、シリンジが下の状態で、中の空気を優しく叩いて抜く
10. 針を抜くときはバイアルを下にして、シリンジを上にする
11. 1回0.3mLを筋肉内注射
12. 1回目の摂取後、3週間後に2回目を摂取する。

※7の手技については、各人で異なります。
※4の時点で生食がシリンジ針中に残ってしまうため、このシリンジを使用するのかしないのかは議論が必要→摂取用シリンジと希釈用シリンジで分けるので問題なし。
※7の方法の他に、「シリンジを0.2mL目盛りまで引く→シリンジをバイアルに入れ、0.1mL分を押し込み、薬液と空気が1:1になるように約0.2mLに位置までシリンジを引く (薬液0.1mL、空気0.1mL)→空気を抜いた後、合計0.3mLを吸い上げる」という方法もありそうです。

-PR-