【NEWS】モビコールからモビコールLDに名称変更。経過措置は?

モビコール配合内用剤からモビコール配合内用剤LDに名称が変更される。

モビコール配合内用剤LDの出荷予定時期は2021年3月中旬。

モビコール配合内用剤の経過措置は2021年9月30日までである。

-PR-

【NEWS】アダラートL錠10mg・20mg 販売中止。経過措置は?

アダラートL錠10mg、20mgが販売中止となる。
経過措置は2022年3月末日である。
代替候補薬は後発品となり、以下が挙げられる。

【アダラートL錠10mg】

  • ニフェジピンL錠10mg「KPI」
  • ニフェジピンL錠10mg「ZE」
  • ニフェジピンL錠10mg「アメル」
  • ニフェジピンL錠10mg「サワイ」
  • ニフェジピンL錠10mg「ツルハラ」
  • ニフェジピンL錠10mg「トーワ」
  • ニフェジピンL錠10mg「三和」
  • ニフェジピンL錠10mg「日医工」
  • ニフェジピンL錠10mg「杏林」

 

【アダラートL錠20mg】

-PR-

  • ニフェジピンL錠20mg「KPI」
  • ニフェジピンL錠20mg「ZE」
  • ニフェジピンL錠20mg「アメル」
  • ニフェジピンL錠20mg「サワイ」
  • ニフェジピンL錠20mg「ツルハラ」
  • ニフェジピンL錠20mg「トーワ」
  • ニフェジピンL錠20mg「三和」
  • ニフェジピンL錠20mg「日医工」
  • ニフェジピンL錠20mg「杏林」

【Q】ゾルトファイ配合注の開封後の使用期限は?




ゾルトファイ配合注は使用開始後は

  • 室温(30°C以下) の場合は3週間以内に使用
  • 25°C以下または冷蔵庫(2~8°C)で保管した場合は4週間以内に使用

※ただし、使用開始前であれば、冷蔵庫(2~8°C)に保管する。一般的には、使用開始後は室温保存であるインスリン製剤が多い

使用開始後は室温(30°C以下)または冷蔵庫 (2~8°C)で保管し、使い始めた製剤は3週間以内にご使用ください。  (ただし、25°C以下または冷蔵庫(2~8°C)で保管した場合は4週間以内にご使用ください) 使用開始前の製剤は凍結を避け、冷蔵庫(2~8°C)に遮光して保管してください。
(ノボ ノルディスク ファーマ 患者説明書)




【NEWS】「スミル」外用剤の販売名変更。経過措置は?




スミル外用ポンプスプレー3%、スミルスチック3%、スミルテープ35mg, 70mg、スミルローション3%の販売名が変更となる。

旧販売名の経過措置は2021年3月末であるが、延長申請により2021年9月末になる予定。

各薬剤名称変更
スミル外用ポンプスプレー3%→フェルビナク外用ポンプスプレー3%「三笠」
スミルスチック3%→フェルビナクスチック軟膏3%「三笠」
スミルテープ35mg, 70mg→フェルビナクテープ35mg, 70mg「三笠」
スミルローション3%→フェルビナクローション3%「三笠」




【Q】スピリーバ ・スピオルト レスピマットのカートリッジ装着後の使用期限は?




【A】カートリッジ装着後は3ヶ月以上経過すると使用はできない。

3ヶ月以上の安定性試験は行っていないことが理由である。

カートリッジを挿入して3ヶ月以上経過した場合は、薬剤が残っていたとしても使用しないでください。(スピリーバ レスピマット スピリーバ レスピマット の吸入方法 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社)

・7日間以上使用しなかった場合は、下に向けて1回噴霧が必要。
・21日間以上使用しなかった場合は、ミストがみえるまで噴霧し、ミストが見えた後も、3回噴霧繰り返す必要がある。




【Q】サムスカ錠7.5mg. 15mg, 30mgの経過措置期間は?

サムスカ錠7.5mg. 15mg, 30mgの経過措置は2020年3月31日までとなり、2020年4月1日に薬価が削除される。

サムスカOD錠に切り替えが必要となる。

-PR-

【Q】バクスミー点鼻粉末剤3mgの1回の処方で何瓶出せるか?




【A】バクスミー点鼻粉末剤は1回の処方で複数瓶出すことは可能である。

ただし、バクスミー点鼻粉末剤3mgを1回の処方で2瓶以上処方する場合は、複数必要と判断した理由を診療報酬明細書の摘要欄に記載する必要がある。

本製剤を1回2瓶以上処方する場合は、複数必要と判断した理由を診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。(令和2年8月25日付け保医発0825第1号厚生労働省保険局医療課長通知)




【Q】エナジア吸入用カプセルの処方日数の投与制限は?

【A】エナジア吸入用カプセル中用量, 高用量は新医薬品の処方日数制限により2021年8月末日までは1回14日分が限度である。2021年9月1日から長期投与可能である。

販売開始は2020年8月である。

本剤は新医薬品であるため、厚生労働省告示第97号(平成20年3月19日付)に基づき、2021年8月末日までは、投与期間は1回14日分を限度とされています。(エナジア吸入用カプセル中用量, 高用量 添付文書)

-PR-

【Q】アテキュラ吸入用カプセルの処方日数の投与制限は?

【A】アテキュラ吸入用カプセル低用量, 中用量, 高用量は新医薬品の処方日数制限により2021年8月末日までは1回14日分が限度である。2021年9月1日から長期投与可能である。

販売開始は2020年8月である。

本剤は新医薬品であるため、厚生労働省告示第97号(平成20年3月19日付)に基づき、2021年8月末日までは、投与期間は1回14日分を限度とされています。(アテキュラ吸入用カプセル低用量, 中用量, 高用量 添付文書)

-PR-

【Q】バフセオ錠の処方日数の投与制限は?

【A】バフセオ錠150mg, 300mgは新医薬品の処方日数制限により2021年8月末日までは1回14日分が限度である。2021年9月1日から長期投与可能である。

販売開始は2020年8月である。

本剤は新医薬品であるため、厚生労働省告示第97号(平成20年3月19日付)に基づき、2021年8月末日までは、1回14日分を限度として投薬すること。(バフセオ錠150mg, 300mg 添付文書)

-PR-