キーワード検索

最新記事

  • 【Q】オキファスト注と生食との混合時の安定性は?

    【A】オキファスト注と大塚生食注との配合変化 携帯型ディスポーザブル注入ポンプ内での安定性は5日まではpH、残存率ともに大きな変化なし。5日以降のデータはなし。(大塚生食注10oml) ソフトバック内での安定性は14日ま […]

    2018.05.20
  • 【Q】アトーゼット配合錠の新薬処方日数制限は?

    【A】14日ルールの制限を外すものの条件を満たすことから、発売後から長期処方可能である。   同様の効能・効果、用法・用量の既収載品の組合せと考えられる新医療用配合剤など、有効成分にかかる効能・効果、用法・用量 […]

    2018.05.20
  • 【Q】グーフィス錠とゼチーア錠 (エゼチミブ) の作用機序の違いは?

    【A】作用する部分が異なる。 ゼチーア (エゼチミブ) は小腸のコレステロールトランスポーター (輸送タンパク) に選択的に作用する。 グーフィス錠 (エロビキシバット) は回腸末端部の上皮細胞に発現している胆汁酸トラン […]

    2018.05.20
  • 【Q】アレサガテープの長期処方可能日は?

    【A】2019年5月1日から長期処方可能である。(それまでは新薬であるため、14日投薬が限度) アレサガテープ 添付文書 第1版 http://www.hisamitsu.co.jp/medical/data/alles […]

    2018.05.10
  • 【Q】シダキュアスギ花粉舌下錠の長期処方可能日は?

    【A】2019年5月1日から長期処方可能である。(それまでは新薬であるため、14日投薬が限度) 2018年6月中旬に発売予定である。薬価収載が2018年4月であるため、2019年5月1日から長期処方可能である。 シダキュ […]

    2018.05.10
  • 【Q】グーフィス錠の長期処方可能日は?

    【A】2019年5月1日から長期処方可能である。(それまでは新薬であるため、14日投薬が限度) グーフィス錠5mg 添付文書 第1版 http://www.mochida.co.jp/dis/txt/pdf/gof_4. […]

    2018.05.10
  • 【Q】インチュニブ錠の長期処方可能日は?

    【A】2018年6月1日から長期処方可能である。(それまでは新薬であるため、14日投薬が限度) インチュニブ錠添付文書 第2版 シオノギ製薬 小児期における注意欠陥/多動性障害(AD/HD) https://www.sh […]

    2018.05.10
  • 【Q】グーフィス錠の粉砕の可否は?

    【A】光により含量が低下する可能性がある。粉砕後、遮光するかなどの判断は、以下のデータを参考とし、各施設の医療担当者の裁量と判断になる。 粉砕後、温度25℃±2℃、湿度60%±5%RH、3ヶ月後の含量の残存率は99%であ […]

    2018.04.25
  • 【Q】グーフィス錠は1包化可能か?安定性について

    【A】以下の安定性データから3ヶ月安定であり、1包化は可能であると考えられる。ただし、湿度が高値の時、錠剤硬度が低下するため注意が必要である。 ※1包化の可否については各施設の医療担当者の裁量と判断になります。 &nbs […]

    2018.04.24
  • 【Q】フルカリック輸液の開通後の安定性は?

    【A】フルカリック 1号輸液、2号輸液、3号輸液は障壁開通後に冷暗所であれば7日間安定である。また、室温散光+遮光カバー下であれば、48時間安定である。   フルカリック 1号輸液+障壁開通後+冷暗所=7日まで […]

    2018.04.24