糖尿病

 

【NEWS】リベルサス錠 (経口GLP-1)の特徴は?まとめ

  • 適応 : 2型糖尿病
  • 経口GLP-1受容体作動薬
  • 成分 : セマグルチド
  • 1日1回3mgから開始→4週間以上投与した後、1日1回7mgに増量。
  • 1日1回7mgを4週間以上投与しても効果不十分な場合には、1日1回14mgに増量可能
  • 規格 : 3mg、7mg、14mgの3種類
  • 吸湿性が高く、光に弱く、粉砕は不可。1包化も不可
  • すべての規格において、錠剤の大きさや色は同じ。刻印は異なる。
  • PTPシートで防湿しているため、ミシン目以外の場所で切り離さすことは不可
  • 胃が空っぽの状態で服薬しないと吸収が大きく低下する。1日のうちの最初の食事かつ飲水の前に、空腹状態で約120mL以下の水で服薬する。飲食や他の薬剤の服薬は不可。
  • 胃で吸収されるため、腎機能障害、肝機能障害、65歳以上の高齢者でも減量する必要がない。
  • 体重は減少する。
  • 副作用‥便秘、下痢など消化器症状

Q . なぜ厳密な服薬タイミングが設定されているか?
リベルサス錠は添加物である吸収促進剤のSNAC (サルカプロザートNa)により、胃における分解を阻止し、成分の吸収を促進できるようになった。
リベルサス錠は吸収がもともと難しい薬剤かつ胃からのみ吸収であるため、食事の影響はうけやすい。

Q. リベルサス錠14mgを投与する場合は7mgを2錠がダメな理由は?
吸収促進剤のSNAC の量が規格の用量に応じた量が含まれてるため、吸収が変化する可能性があるため。

-PR-

【Q】バクスミー点鼻粉末剤とは?簡潔に

  • 成分 : グルカゴン
  • 低血糖時の救急処置に使用
  • 家族など第三者が意識レベルの低下した重度低血糖患者などに対して使用できる(重症低血糖 ‥回復に他者の援助を必要とする低血糖)
  • これまではグルカゴン注射のみであり、これに変わる簡便な点鼻薬
  • 点鼻であるため意識レベルが低下した患者にも使用可能
  • 1回使い切り点鼻薬
  • 室温保存可能
  • 副作用 : 10%以上→悪心、嘔吐、頭痛 , 1〜10%未満→流涙増加、眼そう痒症など
  • 試し打ちはできない、注入ボタンを一回押切り
  • 飢餓状態、副腎機能低下症、頻発 する低血糖、一部糖原病、肝硬変、アルコール性低血糖の場合には、血糖上昇効果はみられない
  • 鼻閉の患者においても薬効の低下はみられない。
    (感冒に伴う鼻閉及び/又は鼻汁を有する男性及び女性を対象とした試験‥ 本剤3 mgを経鼻投 与したときの薬物動態及び薬力学に感冒症状及び鼻炎薬併用の影響はみられなかった。)
  • 本製剤を1回2瓶以上処方する場合は、複数必要と判断した理由を診療報酬明細書の摘 要欄に記載すること。(令和2年8月25日付け保医発0825第1号厚生労働省保険局医療課 長通知)

【Q】飛行機に乗る際にインスリンや針を持ち込むことはできるか?

【A】以下の例に示すとおり、各航空会社によって対応が異なるため、各社に問い合わせることが必要と考えられる。ただし、日本の航空会社であれば国内旅行の場合は診断書や事前申告も不要と考えられる。

・保安検査 (手荷物検査など) の際に自己注射器(針)であることを伝える。

・診断書は不要であるが、内容を明示できるもの (主治医の証明書、糖尿病患者用IDカード (日本糖尿病協会で発行)など)があれば無難である。(海外であれば、英文表記が必要)

・事前申告も不要

(ANA、JAL、Peach Aviation、Vanilla Air、STARFLYERなど)

カタール航空には下記の記載があり、発行日がご出発日の1 ヵ月以内の診断書が必要となっている。

・前にカタール航空に連絡が必要

・医師からの英文の診断書が必要

・診断書は発行日がご出発日の1 ヵ月以内のもの

・診断書の内容

1. 糖尿病であるが健康状態は安定している。
2. 飛行機での旅行には全く支障がない
3. 機内でのインスリン注射を行う必要性がある。
以上、3 点を明記したものをご用意下さい。また現地での保安検査、税関でのトラブルを避ける為、医師からの書状により、医薬品の内容を証明できるようにお願いいたします。尚、ご取得いただいた診断書は弊社カタール航空への提出は一切不要ですが、必ずご旅行中はご携帯下さいますようお願い致します。

-PR-

【Q】ランタスXR注ソロスター、バイエッタ皮下ペンの空打ち単位数は?

【A】ランタスXR注ソロスター‥空打ちは投与前に3単位

【理由】ランタスXR注ソロスターは1単位あたりの投与液量が少ない。空打ちの際の排出量は従来に比べ少ないため、3単位で設定されている。
ランタス注ソロスターの濃度を3倍(100単位/mLから300単位/mL)に改良した製剤がランタスXR注ソロスターである。


バイエッタ皮下注5μgペン300/バイエッタ皮下注10μgペン300‥空打ちは1回目の注射時のみであり、それ以降は不要である。

【理由】トルリシティは一回使い切り製剤であるので、空打ちは不要。
GLP-1製剤であるため、インスリン製剤のように細かい用量設定は必要ないため空打ちしなくても問題ないと思われる。

用法用量
通常、成人には、エキセナチドとして、1回5μgを1日2回朝夕食前に皮下注射する。投与開始から1ヵ月以上の経過観察後、患者の状態に応じて1回10μg、1日2回投与に増量できる。

(バイエッタ皮下注5μgペン300/バイエッタ皮下注10μgペン300 添付文書)

-PR-


【Q】SU剤から速攻短時間作用型インスリン分泌促進薬への切り替えについて




【A】SU薬から速攻短時間作用型インスリン分泌促進薬に切り替えはHbA1cは変化なし、もしくは上昇する可能性がある。PPG(食後血糖値)は低下する。以下に詳細を示す。

 

SU薬からミチグリニドへ切り替え3例において、切り替え前HbA1c値7.6 ± 0.3%
から切り替え後は0.8%の増加
(2型糖尿病患者に対するミチグリニド使用60例の臨床成績より引用)

http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272118312912

 

維持量以下のSU薬からレパグリニドへの切り替えたところ、Hba1c値に変化は認められなかったが、PPG(食後血糖値)は有意に低下した。
(維持量以下のSU薬からレパグリニドへの切り替えにおける有効性に関する検討より引用)

 




【Q】DPP-4阻害薬やGLP-A受容体作動薬は膵臓ガンのリスクをあげるか?




【A】DPP-4阻害薬やGLP-A受容体作動薬は膵臓ガンのリスクをあげるとは認められなかった。

対象者 2型糖尿病患者97万2384人 DPP-4阻害薬やGLP-A受容体作動薬の使用開始。
→1221人が膵臓ガンと診断されたが、有意に膵臓ガンのリスクは上昇しなかった。(95% CI, 0.84 – 1.23)

(Azoulay L,et al.Incretin based drugs and the risk of pancreatic cancer: international multicentre cohort study.BMJ. 2016 Feb 17;352:i581.)

http://www.bmj.com/content/352/bmj.i581