ツートラム

 

【NEWS】ツートラム錠50mg, 100mg, 150mgの特徴は?

  • 成分はトラマドール
  • 1日2回製剤
  • 同成分が含まれた既存薬としてトラマールOD錠 (1日4回)、ワントラム錠 (1日1回)、トラムセット配合錠 (1日4回)がある。
  • 速放部 (着色部) と徐放部 (白色) の2層錠から成る (着色部 :  50mg製剤 ‥淡黄色、100mg製剤‥淡紅色、150mg製剤‥淡橙色)
  • 部の主薬量‥35%  徐放部の主薬量‥65%
  • 適用は慢性疼痛のみ。がん性疼痛の適用はない。(2021年5月時点) 
  • トラマールOD錠やワントラム錠はがん性疼痛の適用はある
  • 半減期 約 7〜12時間、最高血中濃度 約1〜2.6時間 →1日2回投与
  • プレガバリン (リリカ) やセレコキシブ (セレコックス)は1日2回投与であり、併用時の服薬アドヒアランスは1日1回製剤(ワントラム錠)に比べて低下しない
  • 2層構造であるため、粉砕は不可

【Q】ツートラム錠50mg,100mg,150mgは1包化可能か?

【A】硬度が低下する可能性があるが基準以内(30N以上)であるため、1包化は可能と考えられる。「無包装状態での安定性」、「半透明分包紙(材質:グラシン紙)」、「透明分包紙(材質:セロファン、ポリエチレン)」の保存で120日間、外観、含量、硬度については基準値以内であった。

【条件 : 25℃ , 75%RH:裸錠 (シャーレ開放),  120日間保存】
・性状 (外観)   変化なし
・純度試験  適合
・溶出性 適合
・含量(%)  〈50mg錠 100.1%〉   〈100mg錠 97.9%〉  〈150mg錠 99.3%〉
・硬度(N) 50mg錠 31N 〉  〈100mg錠 40N〉  〈150mg錠 44N〉

-PR-

【Q】ツートラム錠50mg, 100mg,150mgの処方日数の投与制限は?

【A】ツートラム錠は新規薬価収載による処方日数投与制限はない。

ツートラム錠の含有成分はトラマドールである。トラマドールが含有された既存の薬剤はトラマール錠、トラムセット配合錠などがあるため、ツートラム錠は新医薬品の処方日数制限には該当しない薬剤である。

ツートラム錠は2020年11月に薬価収載され、2021年1月に販売開始。

ツートラム錠は1日2回製剤であるのに対して、ワントラム錠は1日1回製剤である。

-PR-