【Q】重質酸化マグネシウムと酸化マグネシウムの違いは?

【A】医薬品として用いられている酸化マグネシウムは重質酸化マグネシウムがほとんどである。

・「本品の5 gの容積が30 mL以下のものは別名として重質酸化マグネシウムと表示することができる.」と第十七改正日本薬局方で定義されている。
逆に軽質酸化マグネシウムは、5gの容積が30mL以上の酸化マグネシウムとなる。

・酸化マグネシウムは飛散性が高く、乳鉢・乳棒が付着するので重質酸化マグネシウムが使用されている。

・重質品は軽質品に比べ若干作用の発効が遅いとされている。

酸化マグネシウム
Magnesium Oxide
MgO : 40.3
本品を強熱したものは定量するとき,酸化マグネシウム(MgO) 96.0%以上を含む.
本品の5 gの容積が30 mL以下のものは別名として重質酸化マグネシウムと表示することができる.
(第十七改正日本薬局方)

-PR-