【A】調剤基本料の集中率は同一グループ勤務者とその家族は除いて計算する必要がある。

さらに同一グループ勤務者には役員も含まれる。間接部門の勤務者でも保険薬局に関する部門であれば含まれる  (疑義解釈)。

 

問1  特定の保険医療機関に係る処方箋による調剤の割合を算出する際に除くこととしている同一グループの保険薬局の勤務者には、保険薬局に勤務する役員も含まれるか。また、例えば本社の間接部門の勤務者等についても、含まれるか。

(答)同一グループの保険薬局の勤務者には役員を含める。また、間接部門の

勤務者等でも、保険薬局業務に関与する部門の勤務者であれば含める。

(平成30年3月30日 厚生労働省 疑義解釈)

 

 

同一グループの保険薬局(財務上又は営業上若しくは事業上、緊密な関係にある範囲の保険薬局をいう。以下同じ。)の勤務者(常勤及び非常勤を含めた全ての職員をいう。)及びその家族(同一グループの保険薬局の勤務者と同居又は生計を一にする者をいう。)の処方箋は、特定の保険医療機関に係る処方箋の受付回数及び当該期間に受け付けた全ての処方箋の受付回数のいずれからも除いて計算する。

(平成30年3月5日 厚生労働省 通知)

-PR-