コデインリン酸塩1%「第一三共」
12歳未満の小児には禁忌となりました。コデインには小児の呼吸抑制のリスクがあるため2017年にFDAが添付文書にコデインを含む医薬品について12歳未満の患者への使用を追記したためです。

国内では18歳以下の呼吸抑制に関する重大な副作用報告は、医療用医薬品2例、一般用医薬品2例の報告がありました。死亡例はありませんが、米国と同様にコデインの12歳未満の禁忌へと添付文書の改訂が徐々にされています。

禁忌(次の患者には投与しないこと)
12歳未満の小児
投与しないこと。呼吸抑制の感受性が高い。海外において、死亡を含む重篤な呼吸抑制のリスクが高いとの報告がある。(添付文書 コデインリン酸塩1%「第一三共」)

-PR-