【コメント】2017年8月にメサラジン腸溶錠400mg(後発品)の用法の改訂が行われた。これまでは用法は1日3回に分割投与のみであったが、寛解期では1日1回2400mgを食後に投与できるようになった。先発品であるアサコールとの用法が同じとなった。

通常、成人にはメサラジンとして1日2400mgを3回に分けて食後経口投与するが、寛解期には、必要に応じて1日1回2400mg食後経口投与することができる。活動期には、1日360mgを3回に分けて食後経口投与する。

(メサラジン腸溶錠400mg「ファイザー」第4版)

https://pfizerpro.jp/documents/lpd/mesalazine01lpd.pdf

-PR-