【A】アメリカ、カナダではフルニトラゼパム錠  (ロヒプノール錠・サイレース錠)  の持ち込みが禁止されている。

それ以外の向精神病薬であれば自己の疾病の治療の目的であれば1ヶ月分以内の量を携行して出国または入国することが認められている。さらに、自己の疾病治療のため特に必要であることを証する医師の書面もしくは処方せんの写しがあれば、1ヶ月分を超える量を携行して出入国できる。(麻薬及び向精神薬取締法「第50条の11第2号」)

ただし、随時、現地で禁止された薬ではないか在日大使館などで確認することを推奨する。

(参考 : 緊急アラート 日本旅行医学会)

http://www.jstm.gr.jp/alert02.pdf

-PR-