【A】簡易懸濁法可能である。

水(約55℃)  5分で簡易懸濁可能。

(参考 : 内服薬 経管投与ハンドブック 第3版)

ただし、横になると逆流して食道に付着してしまう可能性があるため、通常の服薬時と同じように服薬することが望ましい。

剤型を変更しての投与は適応に関する承認を受けていない。

-PR-