ブロチゾラム錠0.125mg「NP」、ブロチゾラム錠0.25mg「NP」が自主回収となる。理由は類縁物質が承認規格外であったためである。

ブロチゾラム錠の「0.125mg」規格はブロチゾラム錠0.125mg「NP」のみであり、代替品は存在しない。

ブロチゾラム錠0.125mg「NP」
出荷時期:2017年2月14日~2019年1月21日

ブロチゾラム錠0.25mg「NP」
出荷時期:2016年6月27日~2019年1月21日

類縁物質が経時変化により増加し、規格外になったが、その量は僅かなものであり、本剤の使用による重篤な健康被害が生じる可能性はない。また、含量が規格内であることから、有効性に関しても問題ない。
(医薬品回収の概要 改変)

-PR-