ビクトーザ

 

【news】「ビクトーザ皮下注」の新製剤1.8mgペンの出荷開始予定日は?

【A】「ビクトーザ皮下注」はこれまでは1日0.9mgが最高用量であったが、1日1.8mgまで使用できるようになりました。

それに伴い、1.8mg投与に対応した、ビクトーザ皮下注18mgが2019年9月から出荷開始となります。

ダイアルがこれまでは0.9mg (0.3mg,0.6mg,0.9mg) までであったのが、1.8mg(0.3mg,0.6mg,0.9mg,1.2mg,1.5mg,1.8mg) に増えているということです。

通常、成人には、リラグルチド(遺伝子組換え)として、0.9mgを維持用量とし、1日1回朝又は夕に皮下注射する。ただし、1日1回0.3mgから開始し、1週間以上の間隔で0.3mgずつ増量する。なお、患者の状態に応じて適宜増減し、1日0.9mgで効果不十分な場合には、1週間以上の間隔で0.3mgずつ最高1.8mgまで増量できる。 (ビクトーザ皮下注 添付文書)

-PR-

【Q】インスリン製剤の保存方法と使用可能期間は?

1 : 未開封の場合
凍結を避け、2〜8℃に遮光して保存

2 : 開封後の場合
基本は1〜30℃の遮光して室温保存
ノボラピット® トレシーバ® レベミル → 4週間(30℃以下)
ノボリン® ノボラピッド® → 6週間(30℃以下)
ランタス® アピドラ® → 4週間 (25±2℃)
ヒューマログミリオペン® →18日間(30℃以下)
ビクトーザ® → 30日間(30℃以下)
バイエッタ® → 30日間(25℃以下)
リキスミア® → 30日間(30℃以下)

(参考 : 各製品添付文書)

-PR-