ヒルドイド

 

【Q】ヒルドイドフォーム0.3%の処方方法は?処方単位は?

【A】ヒルドイドフォーム0.3%の薬価算定規格は他の剤型と同じであり、「g」である。

よって1缶を92gで処方していただく。

 

ヒルドイド®フォーム0.3%の容器には、原液とLPG(液化石油ガス)が充填されています。「適切な泡質を得るため」に処方設計するにあたり、原液およびLPGの適切な配合量と比率を考慮した結果、原液は92gになりました。また、ヒルドイド®フォーム0.3%は「g」の規格単位で承認されています。そのため、「原液:92g」と表示しました。
(maruho HP ヒルドイドFAQ)
https://www.maruho.co.jp/medical/hirudoid/product/faq

-PR-

【NEWS】ヒルドイドフォーム0.3% 発売

【内容】2018年9月にmaruhoからヒルドイドフォーム0.3%が発売された。フォーム剤は初であるが、同じような後発品としてはすでにヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」やヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」などが販売済である。フォーム剤はガスが充填されており、泡状スプレーとは異なる。薬価はヒルドイドソフト軟膏など他の剤型と同じで1gあたり22.2円(2018年9月現在)。後発品は各社1gあたり14.7円である。

剤形の違い
ヒルドイドクリーム‥ 水中油型(O/W型)のクリーム剤
ヒルドイドソフト軟膏‥油中水型(W/O型)のクリーム剤
ヒルドイドローション‥水中油型(O/W型)のローション剤

 

【Q】ヒルドイドフォーム0.3%の後発品変更は?

-PR-

【Q】アンテベート軟膏とヒルドイドソフト軟膏の混合の可否は?

【A】混合可能である。

1:1で混合すると8週間安定。アンテベート軟膏とヒルドイドソフト軟膏ともに含量低下、分離などみられない。

(参考 : 軟膏クリーム配合変化ハンドブック第1版)

-PR-