ヒューマログ

 

【Q】ヒューマログミリオペンからルムジェブ注への切り替えは?ノボラピッド注からの切り替えは?

ヒューマログ注やノボラピッド注などの他のインスリン製剤からルムジェブ注へ切り替える際は同じ単位数を目安とする。

ただし、「食事開始前の2分以内の投与」や「食事開始から20分以内の投与」に使用タイミングが変わることに注意が必要である。

【Q】ルムジェブ注の特徴は? 簡潔なまとめ

-PR-

【Q】ルムジェブ注の特徴は? 簡潔なまとめ

【A】ルムジェブ注の特徴を簡潔にまとめた。

  • ヒューマログ注 (超速効型インスリン製剤) より作用発現が早く、持続時間が短い (13分程早い ※注)
  • ルムジェブ注は「食事開始前の2分以内」もしくは「食事開始から20分以内)」の投与。 ヒューマログ注は「食直前(15分以内)」の投与。
  • 他のインスリン製剤(ヒューマログ注やノボラピッド注など)からルムジェブへ切り替える際は同じ単位数を目安とする
  • ルムジェブ注はヒューマログミリオペンと成分は同じ(インスリン リスプロ)である。ルムジェブ注は添加物である「クエン酸」と「トレプロスチニル」を含有させ、吸収を早めた製剤である。
  • クエン酸‥局所での血管透過性を亢進    
  • トレプロスチニル‥局所の血管を拡張
  • ルムジェブ注ミリオペン‥ 1単位刻み、1度に60単位まで
  • ルムジェブ注ミリオペンHD‥0.5単位刻み、1度に30単位まで
  • 空打ち2単位

※注 ルムジェブの最高濃度の50%に達する時間(Early 50%Tmax)はヒューマログに比べ13分短縮したと報告あり

ルムジェブ15単位 VS ヒューマログ15単位
・最高濃度の50%に達する時間‥ルムジェブの方が13分早い
AUC0-15min ルムジェブ4.8倍 >ヒューマログ
AUC0-30min   ルムジェブ2.4倍 >ヒューマログ
Tmax  ルムジェブ47分  < ヒューマログ59分
・半減期(変動係数%)  ルムジェブ35分(31%)  < ヒューマログ49分(33%)
(ルムジェブ IF・審査報告書・申請資料)

 

-PR-