パセトシン250のカプセルと錠剤の両剤形ともに販売中止となります。

販売中止時期は

・パセトシンカプセル250→2020年11月
・パセトシン錠250→2020年9月 
を予定しているとのことです。

薬価が10円前後と非常に安いことが販売中止の理由と考えられますが、明確にはされていません。パセトシンカプセル125とパセトシン細粒10%は引き続き、販売されます。

同じ先発品であるサワシリンカプセル250やサワシリン錠250に変更するか、後発品に変更することになりそうです。

-PR-