バルトレックス

 

【Q】バルトレックス錠は粉砕可能であるか?

【A】バルトレックス錠は苦味があるが、粉砕可能である。

(参考 : 錠剤・カプセル剤粉砕ハンドブック 第7版)

以下、後発品バラシクロビル錠500mg「トーワ」の粉砕後の安定性のデータ

保存条件

試験項目 粉砕直後 1 ヵ月後 3 ヵ月後
 

室内散光

外観

白色の粉末 白色の粉末 外層:微黄白色の粉末内層:白色の粉末

含量(%)

97.0

95.8

95.6

(残存率(%))

(100)

(98.8)

(98.6)

 

防湿

外観

白色の粉末

白色の粉末

外層:微黄白色の粉末内層:白色の粉末

含量(%) 97.0 96.8

97.1

(残存率(%)) (100) (99.8)

(100.1)

(参考 : 東和薬品株式会社 バラシクロビル錠 500mg「トーワ」の粉砕後の安定性試験)

http://med.towayakuhin.co.jp/medical/product/fileloader.php?id=42614&t=6

-PR-

【Q】バルトレックス錠とアラセナA軟膏の併用は可能か? (保険審査上)

【A】以下の理由より、バルトレックス錠とアラセナ軟膏の併用については正当な理由がない限り保険請求の審査が通らないと考えられる.

ただし、保険審査において、審査が通る可能性も否定できない。また、各都道府県にある審査支払機関によって審査内容が異なる可能性もある。

・バルトレックス錠など抗ウィルス内服薬のみの治療で、水痘や帯状疱疹に十分な効果があるためアラセナ軟膏などの外用剤との併用は基本的には行わないとされている。
・「抗ウィルス内服薬は皮膚への移行性が高いため、保険請求の審査が通らない」などと記載があるインターネットの情報があるが、皮膚への移行性についてはインタビューフォームなどに記載がなく、信頼性に乏しいと思われる。
・バルトレックスなどの経口抗ウィルス薬と外用剤との効果の比較を行った文献などは特にない。(2017年6月時点)

-PR-