【A】以下のデータより、粉砕可能であると考えられる。しかし腸溶性が失われるため、胃腸障害に対する対策が必要である。粉砕後、30日間は安定と考えられる。

アスピリン素錠650mg VS 腸溶錠650mgを空腹時単回投与。

  • 血小板シクロオキシゲナーゼ活性は95%以上阻害され、素錠と腸溶錠の活性阻害率は同等である。
  • 素錠は投与後45分で活性阻害がMAX、腸溶錠は投与後10時間で活性阻害がMAX
  • 腸溶錠の胃粘膜の損傷は素錠に比べて有意に少ない。

粉砕後の安定性

25℃、75%RH、1000ルクス/hr 下にグラシン紙+薬袋で保存後、30日間安定。(水分の増加やサリチル酸のわずかな増加が認められたが規格範囲内であった。外観及びアスピリン含量は変化なく安定であった)

(バイアスピリン錠100mg 医薬品インタビューフォーム)

-PR-