【A】粉砕可能と考えられる。

粉砕後、温度25℃ 湿度75% の条件下で100日後まで外観・含量・溶出性に問題なし。

※高温で類縁物質の増加が認められた

※ネシーナ (アログリプチン安息香酸塩)に苦味があるため、苦味が増加する可能性がある

※粉砕での使用は適用外の使用となるため、メーカーは推奨していない

(参考 : 武田薬品工業株式会社 薬相談室への問い合わせより)

-PR-