タミフル

 

【NEWS】オセルタミビルカプセル75 mg、DS3%「サワイ」 出荷調整 2019年1月

2019年1月現在、オセルタミビルカプセル 75 mg「サワイ」及び DS3%「サワイ」が出荷調整となった。理由はインフルエンザの大流行のためである。同様にゾフルーザ錠20mも出荷調整となっている。

【オセルタミビルカプセル 75 mg「サワイ」及び DS3%「サワイ」】は【タミフル カプセル、DSの後発品】であり、薬価が約半分となっている。インフルエンザは若年層の患者も多く、3割負担であれば、支払い金額が大きく変わる。

また、2018年よりタミフル10代の使用に関する警告が削除され、需要が増加したことも一因と考えられる。

使用期限が先発品と後発品で大きく異なることがポイントなのかもしれない。

使用期限
オセルタミビルカプセル 75 mg「サワイ」及び DS3%「サワイ」→ 3年
タミフル カプセル → 10年
タミフルDS3% → 7年



-PR-

【NEWS】ゾフルーザ錠20mg供給が不足 2019年1月

2018年3月に新しい抗インフルエンザ薬であるゾフルーザ錠が発売されました。しかし、現在 (2019年1月18日)は、インフルエンザが大流行しているため、ゾフルーザ錠20mgの供給が追い付かず、出荷調整となっています。(2019年1月18日現在)

ゾフルーザ錠10mgに関しては以前より供給不足の状態が続いています。

代替薬は、【タミフルカプセル75、タミフルドライシロップ3% 、オセルタミビルカプセル75mg「サワイ」(タミフルの後発品)、オセルタミビルDS「サワイ」(タミフルDSの後発品)、イナビル吸入粉末剤20mg、リレンザ】が候補となります。

参考までに、ゾフルーザが発売される以前の2017年度の抗インフルエンザ薬の使用状況を示します。

-PR-

【Q】抗インフルエンザ薬の予防投与の用法・用量は?

【A】現在発売されている抗インフルエンザ薬の予防投薬の用量について以下にまとめた。ゾフルーザ錠に関しては現在は予防投与の適応は通っていない。(2019年1月現在)

タミフルカプセル75、オセルタミビルカプセル「サワイ」(予防投与)
成人‥1回75mgを1日1回、7~10日間経口投与 
体重37.5kg以上の小児‥1回75mgを1日1回、10日間経口投与

 

タミフルドライシロップ3%(予防投与)
成人‥1回75mgを1日1回、7~10日間経口投与
幼小児‥2mg/kg(ドライシロップ剤として66.7mg/kg) 1日1回、10日間経口投与。1回最高用量はオセルタミビルとして75mg。

 

イナビル吸入粉末剤20mg(予防投与)
成人‥40mg (イナビル2本分)を単回吸入投与 or 20mg(イナビル1本分)を1日1回、2日間吸入投与
小児:10歳未満の場合、20mg(イナビル1本分)を単回吸入投与する。
10歳以上の場合、40mg (イナビル2本分)を単回吸入投与 or 20mg(イナビル1本分)を1日1回、2日間吸入投与

 

リレンザ(予防投与)
成人も小児も用量は変わらない。
成人及び小児には、ザナミビルとして1回10mg(5mgブリスターを2ブリスター)を、1日1回、10日間、専用の吸入器を用いて吸入

 

【タミフルカプセル75、オセルタミビルカプセル「サワイ」
予防に用いる場合 
(1) 成人
通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、7~10日間経口投与する。 (2)(2) 体重37.5kg以上の小児
通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、10日間経 口投与する。

【タミフルドライシロップ3%
予防に用いる場合
(1) 成人
通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、7~10日間、用時懸濁して経口投与する。
(2) 小児
通常、オセルタミビルとして以下の1回用量を1日1回、10日間、用時懸濁して経口投与する。ただし、1回最高用量はオセルタミビルとして75mgとする。
幼小児の場合
2mg/kg(ドライシロップ剤として66.7mg/kg)

・インフルエンザウイルス感染症患者に接触後2日以内に投与を開始すること(接触後48時間経過後に投与を開始した場合における有効性を裏付けるデータは得られていない)。
・インフルエンザウイルス感染症に対する予防効果は、本剤を連続して服用している期間のみ持続する。

【イナビル吸入粉末剤20mg
予防に用いる場合
成人:ラニナミビルオクタン酸エステルとして40mgを単回吸入投与する。また、20mgを1日1回、2日間吸入投与することもできる。

小児: 10歳未満の場合、ラニナミビルオクタン酸エステルとして20mgを単回吸入投与する。
10歳以上の場合、ラニナミビルオクタン酸エステルとして40mgを単回吸入投与する。また、20mgを1日1回、2日間吸入投与することもできる。

【リレンザ
予防に用いる場合
通常、成人及び小児には、ザナミビルとして1回10mg(5mgブリスターを2ブリスター)を、1日1回、10日間、専用の吸入器を用いて吸入

(参考 : 各社添付文書)








-PR-

【NEWS】オセルタミビルカプセル・DS「サワイ」発売




【内容】2018年9月5日、タミフルの後発品であるオセルタミビルDS3%「サワイ」、オセルタミビルカプセル「サワイ」が発売となった。

・オセルタミビルDS3%「サワイ」の味はフルーツミックス様芳香のドライシロップである。先発品のタミフルDSは苦味があり、小児の服薬に難儀する例も多々あった。

・オセルタミビルDS3%「サワイ」は有効成分オセルタミビルリン酸塩を含む造立物を甘味料や香料と共に多孔性乳糖と混合することで、多孔部分に造粒物などが捕捉され、苦味が軽減される設計。

・タミフルカプセルは長径17.8mmの2号カプセルであったが、オセルタミビルカプセル「サワイ」は長径16mmの3号カプセルに小型化された。

・適応は先発品と同じで「A型又はB型インフルエンザウイルス感染症及びその予防」。

薬価は先発品のちょうど半額。(2018年9月時点)

  • タミフルドライシロップ3%  200.20円 / g
  • オセルタミビルDS3%「サワイ」100.10円 / g
  • タミフルカプセル75  272.00円 / Cp
  • オセルタミビルカプセル「サワイ」136.00円 / Cp




【Q】タミフルの透析患者に対する用量は?




【A】クレアチニンクリアランスが10mL/分以下の患者へのタミフルの推奨用量は確立していない。

以下を参考に投与する。

透析患者はタミフルを5日間で1回1カプセル(オセルタミビルとして75mg)のみ服用することで有効な薬剤濃度を維持すると考えられる。

(参考 : タミフルカプセル75、ドライシロップ3% 医薬品インタビューフォーム第30版)

http://www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/450045_6250021M1027_1_030_1F

インフルエンザを発症した患者に接触した透析患者さんに対する予防投与は、1カプセル1回内服とし、5日後、もう1回1カプセルを内服する。

(参考 : 透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドライン (四訂版)

http://www.touseki-ikai.or.jp/htm/07_manual/doc/20150512_infection_guideline_ver4.pdf)

 




【Q】イナビル®とラピアクタ点滴静注液との併用は可能か?




【A】タミフル®とリレンザ®の併用でタミフル単独よりもウイルス学的、臨床的に効果が低下することが報告されている。
ラピアクタ®と他のノイラミニダーゼ阻害剤との併用効果については現在推奨されるエビデンスはない。
(参考 : シオノギ製薬 ラピアクタ®よくある問い合わせ)

・タミフル®服薬後、ラピアクタ点滴静注液®を投与した症例報告はある。
症例 4歳 男児 インフルエンザA/H1N1  急性脳症 JCS20(小児内科 Vol.48 No.6,2011-6 )