ゾピクロン

 

【Q】アモバン錠 (ゾピクロン) の処方日数の投与制限は?

【A】アモバン錠7.5 / アモバン錠10  の処方日数は1回30日分が限度である。

療担規則第二十条第二号ヘ及びト並びに第二十一条第二号へ並びに療担基準第二十条第三号ヘ及びト並びに第二十一条第三号ヘの厚生労働大臣が定める投薬量又は投与量が三十日分を限度とされる内服薬及び外用薬並びに注射薬

30日分が限度

内服薬
アルプラゾラム、エスタゾラム、エチゾラム、オキシコドン塩酸塩、オキシコドン塩酸塩水和物、オキサゾラム、クアゼパム、クロキサゾラム、クロチアゼパム、クロルジアゼポキシド、コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩、ゾピクロン、ゾルピデム酒石酸塩、トリア ゾラム、ニメタゼパム、ハロキサゾラム、プラゼパム、フルジアゼパム、フルニトラゼパム、フルラゼパム塩酸塩、ブロチゾラム、ブロマゼパム、ペモリン、メダゼパム、メチルフェニデート塩酸塩、モダフィニル、モルヒネ塩酸塩、モルヒネ硫酸塩、ロフラゼプ酸エチル、ロラゼパム又はロルメタゼパムを含有する内服薬並びにクロルプロマジン・プロメタジン配合剤、メペンゾラート臭化物・フェノバルビタール配合剤及びプロキシフィリン・エフェドリン配合剤

外用薬
フェンタニル、フェンタニルクエン酸塩又はモルヒネ塩酸塩を含有する外用薬 注射薬 フェンタニルクエン酸塩、ブプレノルフィン塩酸塩又はモルヒネ塩酸塩を含有する 注射薬

90日分が限度
ジアゼパム、ニトラゼパム、フェノバルビタール、クロナゼパム又はクロバザムを含有する内服薬及びフェニトイン・フェノバルビタール配合剤

14日分が限度
投薬期間の上限が 30 日及び 90 日の向精神薬以外の向精神薬
(平成18年 3月 6日厚生労働省告示第107号) (平成28年10月13日厚生労働省告示第365号)

-PR-

【Q】エチゾラム・ゾピクロンの投与制限は?

【A】エチゾラム・ゾピクロンの投薬期間の制限は1回30日分 (2016年11月1日より)

以下詳細

2016年10月14日より

  1. 第三種向精神薬に指定(※1)
  2. 自己の疾病の治療目的で携帯して出入国する際の分量制限 エチゾラムとして90mgまで、ゾピクロンとして300mgまで(自己の疾病治療に必要があることを証する書類を所持していれば超えても良い)(※2)
  3. 投薬期間の制限は1回30日分 (2016年11月1日より) (※3)

※1  麻薬、麻薬原料植物、向精神薬および麻薬抗精神薬原料をしている政令の一部を改正する政令(平成28年9月14日告示、10月14日施行)

※2 麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部を改正する症例(平成28年9月14日告示、10月14日施行)

※3 厚生労働省告示第365号 (平成28年10月13日)

-PR-