スーグラ

 

【Q】スージャヌ配合錠の投与開始の条件は?

【A】シタグリプチン、イプラグリフロジン (スーグラ) のどちらかを服薬している患者であれば、使用可能と考えられる。

以下、スージャヌ配合錠 添付文書 (第1版) より抜粋。

本剤は、原則として以下の場合に使用を検討すること。

1) 既にシタグリプチン50mg 11回及びイプラグリフロジン50mg 11回を併用し状態が安定している場合

2) シタグリプチン50mg 11回の単剤治療により効果不十分な場合

3) イプラグリフロジン50mg 11回の単剤治療により効果不十分な場合

https://www.msdconnect.jp/static/mcijapan/images/pi_sujanu_tab.pdf

-PR-

【Q】スーグラ錠は簡易懸濁可能か?

【A】簡易懸濁可能であると考えられる。

簡易懸濁法にて5分で崩壊し、5Fr (フレンチ)の経管チューブで良好に通過する。

※各施設の医療担当者の裁量と判断になります。

-PR-

【Q】スーグラ錠は粉砕可能か?

【A】以下の記載により、高湿度に注意が必要であるが、粉砕可能であると考えられる。ただし、粉砕による内服は適応承認外の用法であるため各施設の判断となる。

粉砕後5℃、湿度59%の条件で30日間変化なし。

粉砕後25℃、湿度75%の条件で30日間変化なし。

粉砕後30℃、湿度92%の条件で7日間で吸湿性あり。含有量は30日間で変化なし。

散光下、30日間の条件で白色→黄色帯びた色に変化する。

(製薬メーカー問い合わせ)

 

以下の理由から、有効成分には吸湿性は認められず、光の影響を受けにくい成分と考えれれる。

スーグラ錠50mgの各種条件下における安定性 (錠剤)

苛酷試験 (温度・湿度) 40℃、湿度75%、シャーレ、3ヶ月の条件で硬度の低下が認められた以外は変絵かなし。

苛酷試験 (光)  D65蛍光ランプ 1000lx、シェーレ、2ヶ月に条件で変化なし。

(医薬品インタビューフォーム 第6版)

-PR-