ジェネリック

 

【NEWS】2021年6月 発売予定の後発品 (ジェネリック)

【内容】2021年6月に追補収載予定の後発品 (ジェネリック)の一覧を以下に記載する。
2021年6月 後発品 発売予定一覧 (内服薬・外用のみ)  2021年4月11日 更新

【内服薬】

  • エスゾピクロン錠1mg, 2mg, 3mg 【ルネスタ錠】(先発品と適用は同じ)
  • ソリフェナシンコハク酸塩錠2.5mg,5mg / OD錠2.5mg,5mg【ベシケア錠 / OD錠】(先発品と適用は同じ)
  • ジルムロ配合錠LD, HD 【ザクラス配合錠】(先発品と適用は同じ)
  • デュロキセチンカプセル20mg,30mg/  錠 20mg,30mg【サインバルタカプセル】(先発品と適用は異なる。慢性腰痛症、変形性関節症の適用は無)
  • タダラフィル錠20mgAD【アドシルカ錠】(先発品と適用は同じ)

【外用薬】

-PR-

  • エピナスチン塩酸塩点眼液0.05%【アレジオン点眼液0.05%】(先発品と適用は同じ)

【NEWS】2020年12月 発売予定の後発品 (ジェネリック)

【内容】2020年12月に追補収載予定の後発品 (ジェネリック)の一覧を以下に記載する。

2020年12月 後発品 発売予定一覧 (内服薬・外用のみ)  2020年8月26日更新

【内服薬】

-PR-

  • プレガバリンOD錠25mg、75mg、150mg 【リリカOD錠】ファイザー からAG発売(適応症は同じ)
  • リバスチグミンテープ4.5mg、9mg、13.5mg、18mg【イクセロン/リバスタッチテープ】(適応症は同じ)
  • ロレアス配合錠【コンプラビン配合錠】(適応症は同じ)

【NEWS】2020年6月発売予定の後発品 (ジェネリック)

【まとめ】

  • 「アボルブカプセル」の錠剤は第一三共エスファや陽進堂や日新製薬が発売
  • 「ザイザル錠5mg」の規格違いであるレボセチリジン塩酸塩錠2.5mgが発売
  • 「エディロールカプセル」は日医工と沢井のみ発売 →2020年8月発売
  • 【メマリー、ゼチーア】→AG第一三共
  • 【アボルブ、ザイザル】→AG武田テバ

2020年6月  後発品 発売予定一覧 (内服薬)  2020年5月17日更新 2020年6月17日更新

【内服薬】

  • メマンチン塩酸塩錠5mg、10mg、20mg【メマリー錠】(適応症は同じ) AG : 第一三共エスファ
  •  メマンチン塩酸塩OD錠5mg、10mg、20mg【メマリーOD錠】(適応症は同じ) AG : 第一三共エスファ
  • メマンチン塩酸塩DS2%【メマリードライシロップ2%】(適応症は同じ) AG : 第一三共エスファ
  • ガランタミンOD錠4mg、8mg、12mg、【レミニールOD錠】(適応症は同じ)
  • エゼチミブ錠10mg【ゼチーア錠10mg】 (「ホモ接合体性シトステロール血症」の効能・効果取得なし) AG : 第一三共エスファ
  • デュタステリドカプセル0.5mgAV【アボルブカプセル】(適応症は同じ) ザガーロなどと区別するためにAVと語尾についている AG : 武田テバ  (剤形違いのデュタステリド錠0.5mgは第一三共エスファや陽進堂や日新製薬が発売)
  • レパグリニド錠0.25mg、0.5mg【シュアポスト錠】(適応症は同じ)
  • レボセチリジン塩酸塩錠2.5mg、5mg、OD錠5mg【ザイザル錠】(適応症は同じ) 5mgのみ  AG : 武田テバ
  • レボセチリジン塩酸塩シロップ0.05%【ザイザルシロップ0.05%】(適応症は同じ)
  • プソフェキ配合錠【ディレグラ配合錠】(適応症は同じ)→2020年9月発売
  • エルデカルシトールカプセル0.5μg、0.75μg【エディロールカプセル】(適応症は同じ)  日医工とサワイのみ発売 
  • セレコキシブ錠100mg、200mg【セレコックス錠】(適応症は同じ)
  • ラベプラゾールNa錠5mg【パリエット錠5mg】 (適応症は同じ) (10mgと錠20mgは既収載)
  • タダラフィル錠2.5mg、5mgZA【ザルティア錠】(適応症は同じ) シアリスなどと区別するためにZAと語尾についている
  • イミダフェナシン錠0.1mg【ウリトス錠、ステーブラ錠】(適応症は同じ)
  • イミダフェナシンOD錠0.1mg【ウリトス錠、ステーブラOD錠】(適応症は同じ)
  • バゼドキシフェン錠20mg【ビビアント錠】(適応症は同じ)→2020年9月発売2020年9月10日発売
  • ナラトリプタン錠2.5mg【アマージ錠】

【まとめ】

  • 「アボルブカプセル」の錠剤は第一三共エスファや陽進堂や日新製薬が発売
  • 「ザイザル錠5mg」の規格違いであるレボセチリジン塩酸塩錠2.5mgが発売
  • 「エディロールカプセル」は日医工と沢井のみ発売 →2020年8月発売
  • 【メマリー、ゼチーア】→AG第一三共
  • 【アボルブ、ザイザル】→AG武田テバ

2020年6月  後発品 発売予定一覧 (内服薬)  2020年5月17日更新 2020年6月17日更新

【内服薬】

-PR-

  • メマンチン塩酸塩錠5mg、10mg、20mg【メマリー錠】(適応症は同じ) AG : 第一三共エスファ
  •  メマンチン塩酸塩OD錠5mg、10mg、20mg【メマリーOD錠】(適応症は同じ) AG : 第一三共エスファ
  • メマンチン塩酸塩DS2%【メマリードライシロップ2%】(適応症は同じ) AG : 第一三共エスファ
  • ガランタミンOD錠4mg、8mg、12mg、【レミニールOD錠】(適応症は同じ)
  • エゼチミブ錠10mg【ゼチーア錠10mg】 (「ホモ接合体性シトステロール血症」の効能・効果取得なし) AG : 第一三共エスファ
  • デュタステリドカプセル0.5mgAV【アボルブカプセル】(適応症は同じ) ザガーロなどと区別するためにAVと語尾についている AG : 武田テバ  (剤形違いのデュタステリド錠0.5mgは第一三共エスファや陽進堂や日新製薬が発売)
  • レパグリニド錠0.25mg、0.5mg【シュアポスト錠】(適応症は同じ)
  • レボセチリジン塩酸塩錠2.5mg、5mg、OD錠5mg【ザイザル錠】(適応症は同じ) 5mgのみ  AG : 武田テバ
  • レボセチリジン塩酸塩シロップ0.05%【ザイザルシロップ0.05%】(適応症は同じ)
  • プソフェキ配合錠【ディレグラ配合錠】(適応症は同じ)→2020年9月発売 2020年9月18日発売
  • エルデカルシトールカプセル0.5μg、0.75μg【エディロールカプセル】(適応症は同じ)  日医工とサワイのみ発売 
  • セレコキシブ錠100mg、200mg【セレコックス錠】(適応症は同じ)
  • ラベプラゾールNa錠5mg【パリエット錠5mg】 (適応症は同じ) (10mgと錠20mgは既収載)
  • タダラフィル錠2.5mg、5mgZA【ザルティア錠】(適応症は同じ) シアリスなどと区別するためにZAと語尾についている
  • イミダフェナシン錠0.1mg【ウリトス錠、ステーブラ錠】(適応症は同じ)
  • イミダフェナシンOD錠0.1mg【ウリトス錠、ステーブラOD錠】(適応症は同じ)
  • バゼドキシフェン錠20mg【ビビアント錠】(適応症は同じ)→2020年9月発売 2020年9月10日発売
  • ナラトリプタン錠2.5mg【アマージ錠】

【Q】生活保護受給者の後発品 (ジェネリック) 使用原則化 -2018年10月1日施行-

【A】2018年10月1日から生活保護受給者に対して後発品処方の原則化が始まった。これは医師または歯科医師により後発医薬品の使用が可能であると判断された場合が条件である。また、後発医薬品の薬価が先発医薬品の薬価よりも高くなっている又は先発医薬品の薬価と同額となっている場合は除かれる。
生活保護受給者にはその旨を各福祉事務所から周知されている。
以下、厚生労働省からの告示を記載する。

 

厚生労働省告示第三百四十四号 生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律(平成三十年
法律第四十四号)の施行に伴い、及び生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)第五十条第一項 の規定に基づき、指定医療機関医療担当規程(昭和二十五年厚生省告示第二百二十二号)の一部を次 の表のように改正し、平成三十年十月一日から適用する。ただし、指定医療機関である診療所におい て、明細書を常に交付することが困難であることについて正当な理由がある場合は、この告示による改正後の指定医療機関医療担当規程第七条第二項の規定にかかわらず、当分の間、患者から求められたときに明細書を交付することで足りるものとし、明細書の交付を無償で行うことが困難であることについて正当な理由がある場合は、同項の規定にかかわらず、当分の間、明細書の交付を有償で行うことができるものとする。

 

生活保護受給者に対する周知
福祉事務所は、生活保護受給者に対して、リーフレットの送付や、家庭訪問の際に改めて説明する等により、後発医薬品は先発医薬品と同じ成分を同じ量含む医薬品であり、品質及び有効性、安全性が同等であることを厳正に審査したものであることや、医師または歯科医師により後発医薬品の使用が可能であると判断された場合は、原則として後発医薬品が調剤されることとなったことについて周知徹底を図ること。
(社援保発 0928 第6号)

 

「生活保護法による医療扶助運営要領について」
後発医薬品の給付
ア 指定医療機関及び指定薬局における取組
医師又は歯科医師が医学的知見に基づき後発医薬品を使用することができると認めたときは、次のとおりの取扱いにより、後発医薬品を調剤するよう、指定医療機関及び指定薬局に対して周知徹底を図ること (後発医薬品の薬価が先発医薬品の薬価よりも高くなっている又は先発医薬品の薬価と同額となっている場合を除く。)。また、被保護者に対しても、本取扱いについて周知徹底を図ること。
(ア) 処方医が一般名処方を行っている場合又は銘柄名処方であって後発医薬品への変更を不可としていない場合には、指定医療機関又は指定薬局は、後発医薬品を調剤すること。このため、先発医薬品の調剤が必要である場合は、処方医が必ず当該先発医薬品の銘柄名処方をする必要があること。
(イ) ただし、後発医薬品の在庫がない場合は、先発医薬品を調剤することが可能であること。
(ウ) 後発医薬品の使用への不安等から必要な服薬ができない等の事情が認められるときは、薬剤師が処方医に疑義照会を行い、当該処方医において医学的知見に基づき先発医薬品が必要と判断すれば、先発医薬品を調剤することができるものであること。ただし、処方医に連絡が取れず、やむを得ない場合には、指定薬局から福祉事務所に確認の上、先発医薬品を調剤することができるが、速やかに (遅くとも次回受診時までに)薬剤師から処方医に対し、調剤した薬剤の情報を提供するとともに、次回の処方内容について確認すべきものであること。

イ 福祉事務所における取組
上記アの(ア)の場合又は(ウ)の処方医への確認後、再度医学的知見に基づき後発医薬品を使用することができると認められた場合において、指定医療機関又は指定薬局における説明を受けても、なお先発医薬品の使用を希望する患者に対しては、福祉事務所において制度について説明し、理解を求めること。

-PR-

【NEWS】2018年6月収載予定 後発品 (ジェネリック)

2018年6月 後発品 発売予定一覧 (内服薬・外用のみ)  2018年5月10更新【内服薬】

  • イルアミクス配合錠LD 【アイミクス配合錠LD】
  • イルアミクス配合錠HD 【アイミクス配合錠HD】
  • オセルタミビルカプセル75mg 【タミフルカプセル75】
    オセルタミビルDS3% 【タミフルドライシロップ3%】
  • ナルフラフィン塩酸塩OD錠2.5μg 【レミッチOD錠・カプセル2.5μg】
  • ベポタスチンベシル酸塩錠5mg・10mg 【タリオン錠5mg・10mg】AGあり
  • ベポタスチンベシル酸塩OD錠5mg・10mg 【タリオンOD錠5mg・10mg】AGあり
  • ラモトリギン錠25mg・100㎎ 【ラミクタール錠25㎎・100mg】
  • ラモトリギン錠小児用2㎎・小児用5㎎ 【ラミクタール錠小児用2㎎・小児用5㎎】
  • 炭酸ランタン顆粒分包250mg・500mg 【ホスレノール顆粒分包250㎎・500mg】
  • ミノドロン酸錠1mg・50mg 【ボノテオ錠1mg・50mg  リカルボン錠1mg・50mg】

【外用薬】

-PR-

  • ドルモロール配合点眼液【コソプト配合点眼液】AGあり
  • フェンタニルクエン酸塩テープ1mg・2mg・4mg・6mg・8mg【フェントステープ1mg・2mg・4mg・6mg・8mg】