【A】粉砕不可である。
粉砕後の原薬が不安定であり、分解物が増加し含量が低下する。
服薬時に随時粉砕して服用することは可能である。

(参考) 錠剤カプセル剤 粉砕ハンドブック第7版

-PR-