エルカルチン

 

【Q】エルカルチン錠は簡易懸濁法可能か?

【A】エルカルチン錠100mg→水(約55℃) 10分の条件で簡易懸濁は不可である。粉砕後5分で簡易懸濁可能である。

エルカルチン錠300mg→粉砕後10分で簡易懸濁可能である。

(参考 : 内服薬 経管投与ハンドブック 第3版)

フィルムコーティング錠であるため簡易懸濁しにくい製剤である。

-PR-

【Q】エルカルチン錠の粉砕の可否について

【A】吸湿が高いため粉砕不可である。

  (取り扱い上の注意) 本剤の主成分は潮解性を有するので服用直前にPTPシートから錠剤を取り出すこと

【引用】エルカルチン錠 第3版 添付文書

https://www.otsuka-elibrary.jp/di/prod/product/file/lf2/lf2bnotk.pdf

 

錠剤での試験→ 苛酷試験 25℃/ 相対湿度75%  無包装 8時間で錠剤の膨張、硬度の低下及び質量の増加が認められた。

【引用】エルカルチン錠 インタビューフォーム 第7版

https://www.otsuka-elibrary.jp/di/prod/product/file/lf2/lf2_if.pdf

-PR-