エイベリス

 

【Q】エイベリス点眼液0.002%の処方日数の投与制限は?

【A】エイベリス点眼液0.002%は2019年11月末日までは1回14日分が限度である。

2019年12月1日から長期投与可能である。

薬価収載日は2018年11月20日である。発売日は2018年11月27日である。

添付文書にも以下の記載がある。

長期投与医薬品に関する情報
本剤は新医薬品であるため、厚生労働省告示第97号 (平成20年3月19日付) に基づき、薬価基準収載後1年を経過する月 の末日までは、1回14日分を限度として投薬すること。

効果・効能
緑内障、高眼圧症

用法・用量
1回1滴、1日1回点眼する。

-PR-

【NEWS】エイベリス点眼液 0.002% 製造販売承認 2018年9月

【内容】2018年9月に緑内障治療薬 (選択的EP2受容体作動薬) であるエイベリス点眼液 0.002%が製造販売の承認を取得した。既存のPG関連薬 (キサラタン点眼液など) はぶどう膜強膜流出促進のみであるが、エイベリス点眼液はぶどう膜強膜流出路および線維柱帯流出路の両方を介する点が異なる。

以下に特徴をまとめる。

-PR-

  • 成分はオミデネパグ
  • 日本で承認された。海外では現在、開発中。アジアでPhaseⅢ展開中、アメリカでPhaseⅢ開始予定。(2018年10月時点)
  • EP2受容体に選択的に結合し刺激するという作用機序が既存の緑内障治療薬とは異なる点である。
  • EP2受容体刺激→ぶどう膜強膜流出路および線維柱帯流出路の両方を介して房水流出を促進→眼圧降下
  • 既存のプロスタグランジン関連薬 (キサラタン点眼液、トラバタンズ点眼液、タプロス点眼液、ルミガン点眼液)はぶどう膜強膜流出促進のみであるが、エイベリス点眼液はぶどう膜強膜流出路および線維柱帯流出路の両方を介する。
  • 【効能・効果】 緑内障、高眼圧症
  • 【用法・用量】 1回1滴、1日1回点眼する。
  • 2〜8 °C の冷所保存
  • 禁忌薬剤 タフルプロスト (タプロス点眼液、タプコム配合点眼液)
  • エイベリス点眼液 0.002% 1本は2.5ml 入り