【A】アロマシン錠25mgは水 (55℃) で5分で溶解する。簡易懸濁可能と考えられる。

(参考 : 内服薬 経管投与ハンドブック 第3版)

粉砕も可能と考えられるが、抗悪性腫瘍剤であるため、被曝に注意が必要である。

-PR-