【薬剤師国家試験 実務 第104回 問258−259】

問258−259
63歳男性。根治切除不能な悪性黒色腫と診断され、外来化学療法でニボルマブが投与されることになった。薬剤師が初回投与時に患者のもとを訪れ、抗がん薬の特徴や注意すべき副作用の説明を行うことになった。

問258(実務)
ニボルマブの市販後に報告されている以下の副作用のうち、その作用機序から考えて、間接的に生じると思われる副作用として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 間質性肺炎
  2. 低血糖
  3. 重症筋無力症
  4. 下痢
  5. 甲状腺機能障害

問259(薬理)
ニボルマブは別の薬物を併用すると作用増強が現れる。理論的に考えて、同一細胞における別の標的分子に働くことで、ニボルマブと相乗作用を示すと考えられる併用薬の作用点として適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. RANKL(NF−lB活性化受容体リガンド)
  2. CD20
  3. CTLA−4(細胞傷害性Tリンパ球抗原−4)
  4. VEGFR2(血管内皮増殖因子受容体2型)
  5. HER2(ヒト上皮増殖因子受容体2型)

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問258

1.× ニボルマブ(商品名:オプジーボ)は、PD-1と、そのリガンドであるPD-L1およびPD-L2の結合を阻害し、がん細胞の存在により不応答となっていたT細胞を増殖・活性化し抗腫瘍効果を示します。その結果、全身の免疫応答が過剰となり免疫関連副作用(irAE)を呈します。よってirAEはニボルマブ(商品名:オプジーボ)の作用機序から考えて直接的におこると推定できます。間質性肺炎はニボルマブ(商品名:オプジーボ)のirAEであり免疫過剰によって起こります。

2.〇 irAEには重症筋無力症、間質性肺炎、大腸炎・下痢、甲状腺機能障害、Ⅰ型糖尿病があります。低血糖は、甲状腺機能障害により甲状腺機能が低下した場合にコルチゾールの分泌が低下することによって引き起こされると考えられます。よって間接的であると考えられます。

3.× 代表的なirAEなので、直接的に起こる作用であると考えられます。

4.× 代表的なirAEなので、直接的に起こる作用であると考えられます。

5.× 代表的なirAEなので、直接的に起こる作用であると考えられます。

 

問259

1.× RANKLを標的とするのはデノスマブ(商品名:プラリア)です。破骨細胞の誘導にかかわるRANKLに結合し、RANKLがRANKと結合できず、RANKによる破骨細胞の活性化を抑制します。

2.× CD20を標的とするのはリツキシマブ(商品名:リツキサン)です。CD20抗原に結合することにより抗腫瘍効果を示します。

3.〇 CTLA-4を標的とするのはイピリブマブ(商品名:ヤーボイ)です。CTLA-4と抗原提示細胞上のCD80/86(CTLA-4のリガンド)の結合を阻害し、T細胞の活性化を促進します。よって、ニボルマブ(商品名:オプジーボ)との併用で相乗効果を示します。

4.× VEGFR-2を標的とするのはラムシルマブ(商品名:サイラムザ)です。VEGFへの結合を阻害しVEGFR-2の活性を阻害します。

5.× HER2を標的とするのはトラスツズマブ(商品名:ハーセプチン)です。細胞表面のHER2受容体に結合し抗腫瘍効果を示します。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-