【薬剤師国家試験 実務 第104回 問290−291】

問290−291 71歳男性。50年前から喫煙習慣がある(ブリンクマン指数:1200)。長期間続く咳嗽、喀痰、喘鳴と階段歩行時の息切れを訴え、近医を受診した。精査の結果、COPDと診断され、以下の薬剤が処方された。

(処方1)
チオトロピウム臭化物水和物2.5μgレスピマット(注)60吸入 1本
1回2吸入 1日1回 朝 吸入
注: チオトロピウム臭化物水和物を含有する吸入用器具。1吸入でチオトロピウムとして2.5μgを吸入できる。

(処方2)
テオフィリン徐放錠200mg(12~24時間持続)1回1錠(1日2錠)1日2回 朝食後・就寝前 14日分

問290(病態・薬物治療)
この患者の身体所見と臨床検査に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 胸部聴診にて捻髪音が聴取される。
  2. 重症化すると高炭酸ガス血症を呈しやすい。
  3. 1秒率(0/FVC)が70%未満である。
  4. 代謝性アルカローシスを呈しやすい。
  5. シアル化糖鎖抗原KL-6が上昇する。

問291(実務)
この患者が処方箋を持参し近所の薬局を訪れた。薬剤師がこの患者に対して行う 確認・説明として適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 閉塞隅角緑内障でないことを確認する。
  2. 口腔内カンジダ予防のため、吸入後にうがいをするよう説明する。
  3. 急性増悪時には、吸入剤を頓用で使用するよう説明する。
  4. 禁煙指導を行い、テオフィリンの副作用に注意する。
  5. テオフィリンによる赤色尿は心配ないことを説明する。

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

    1. 問290
  1. × 捻髪音(バリバリ)が聴取されるのは間質性肺炎です。COPDなどの閉塞性換気障害では連続性ラ音が聴取されます。閉塞性肺疾患とは、気道が狭くなることで息を吐きだしにくくなる疾患のことで、COPD、気管支喘息が挙げられます。閉塞性肺疾患は1秒率(思いきり息を吸い、思いきり吐き出した時の量)が低下します【1秒率の基準値は70%以上】。
    間質性肺炎や肺繊維症は拘束性肺疾患と呼ばれ、肺が広がりにくくなり息が吸いにくくなる疾患です。%肺活量(肺が1度に取り込む容積量)が低下することが特徴です。【%肺活量の基準値は80%以上)】
  2. 〇 COPDは息が吐きだしにくくなります。体内にCO2が溜まることによって高炭酸ガス血症を呈しやすくなります。
  3. 〇 1秒率はCOPDの病期や重症度の判定に用いられます。1秒率とは、思いきり息を吸い、思いきり息を吐きだした時の息の量のことです。閉塞性肺疾患で低下します。
  4. × COPDでは、体内の二酸化炭素量増加による呼吸性アシドーシスを呈しやすいです。
  5. × KL-6上昇は間質性肺炎でみられます。

注釈:ブリンクマン指数とは、喫煙が人体に与える影響を数値化したもので、1日平均喫煙本数×喫煙年数で表されます。400以上で肺がんが発症しやすくなり、600以上で肺がん高度危険群、1200以上で喉頭がん高度危険群となります。。

問291

  1. 〇 抗コリン作用により眼圧が上昇し緑内障が悪化する可能性があるため、閉塞隅角緑内障の患者に抗コリン薬は禁忌です。
  2. × 口腔内カンジダ症予防のため、吸入後にうがいが必要なのはステロイドです。
  3. × チオトロピウム臭化物水和物2.5μgレスピマットは長時間作用型なので急性増悪時には不適です。急性増悪時によく使用される薬剤としてメプチンエアー(成分名:プロカテロール)が挙げられます。
  4. × テオフィリン(商品名:テオドール)の副作用に横紋筋融解症があるため、赤色尿が見られた場合には医師または薬剤師に相談するよう伝えます。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-