【薬剤師国家試験 実務 第104回 問256−257】

問256−257

76歳男性。軽度の認知症、糖尿病、高血圧、うつ病のため、以下の処方薬を常用している。1年前から頻尿、残尿感及び排尿困難感があったが放置していた。風邪気味であったため、2日前に自宅の常備薬である市販の総合感冒薬を服用した。昨日の昼から尿がほとんど出なくなったため、かかりつけ薬剤師に相談に来た。

(処方)
カンデサルタン口腔内崩壊錠4mg     1回1錠(1日1錠) 1日1回 朝食後 30日分
シタグリプチンリン酸塩水和物錠50mg  1回1錠(1日1錠) 1日1回 朝食後 30日分
イミプラミン塩酸塩錠25mg   1回3錠(1日6錠) 1日2回 朝夕食後 30日分
ボグリボース錠0.2mg   1回1錠(1日3錠)1日3回 朝昼夕食直前 30日分
リバスチグミン経皮吸収型製剤18mg 1回1枚(1日1枚)上腕部に貼布 30日分

また、総合感冒薬に含まれている成分は以下のとおりである。
アセトアミノフェン
d−クロルフェニラミンマレイン酸塩
ジヒドロコデインリン酸塩
dl−メチルエフェドリン塩酸塩
無水カフェイン

 

問256(実務) この患者が常用している処方薬の中で、この総合感冒薬と併用すると排尿障害が増悪する可能性の高い薬剤はどれか。1つ選べ。

  1. カンデサルタン口腔内崩壊錠
  2. シタグリプチンリン酸塩水和物錠
  3. イミプラミン塩酸塩錠
  4. ボグリボース錠
  5. リバスチグミン経皮吸収型製剤

問257(薬理)

前問で選択した薬物と総合感冒薬に含まれている1成分は同一の作用機序で、この患者の排尿障害を増悪させた。その機序として正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 膀胱括約筋のアドレナリンα₁A 受容体刺激
  2. 膀胱括約筋のアドレナリンα₁D 受容体刺激
  3. 排尿筋のアドレナリン β3 受容体刺激
  4. 下部尿道括約筋のアドレナリン β2受容体刺激
  5. 排尿筋のムスカリン性アセチルコリンM3 受容体遮断

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

 

問256

排尿障害というキーワードから抗コリン作用がある薬剤を選択すれば正解となります。

1.× カンデサルタン(商品名:ブロプレス)はアンギオテンシン受容体遮断作用によって降圧作用を示します。

2.× シタグリプチン(商品名:ジャヌビア、グラクティブ)は血中でDPP-4の活性を阻害し、GLP-1やGIPなどのインクレチンくのDPP-4による分解を抑制します。

3.〇 イミプラミン(商品名:トフラニール)は第一世代三環系抗うつ薬で、アミントランスポータを阻害しシナプス間隙のNadやセロトニンの濃度を高め、抗うつ作用を示します。ほかにH₁受容体、α₁受容体遮断作用や抗コリン作用もあります。イミプラミン(商品名:トフラニール)は三環系抗うつ薬のなかでも抗コリン作用が強く、排尿障害があらわれる可能性があります。

4.× ボグリボース(商品名:ベイスン)は、α-グルコシダーゼを(2糖類を分解する酵素)を阻害することによって単糖類の生成を抑制し腸管からの糖の吸収を抑制します。

5.× リバスチグミン(商品名:イクセロン)は中枢性のアセチルコリンエステラーゼ及びブチリルコリンエステラーゼを阻害し軽度及び中度のアルツハイマー病に用います。

 

問257

抗コリン作用はムスカリン性アセチルコリンM3 受容体遮断となります。

1.× α₁A受容体は前立腺に多く存在します。膀胱括約筋のアドレナリンα₁A 受容体遮断薬はタムスロシン(商品名:ハルナール)やシロドシン(商品名:シロドシン)です。

2.× α₁D受容体は膀胱括約筋に存在します。膀胱括約筋のアドレナリンα₁D受容体遮断薬はナフトピジル(商品名:フリバス)があります。

3.× ミラベグロン(商品名:ベタニス)はβ₃受容体を刺激し膀胱排尿筋を弛緩させることで尿失禁の患者さんに用います。

4.× クレンブテロール(商品名:スピロペント)は下部尿道括約筋のアドレナリン β2 受容体刺激作用によって膀胱排尿筋弛緩作用を示し、腹圧性尿失禁にもちます。

5.〇 イミプラミン(商品名:トフラニール)の記述です。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-