【薬剤師国家試験 実務 第104回 問345】

問345
75歳男性。骨粗しょう症と脂質異常症の既往があり、アレンドロン酸錠35mg とロスバスタチン錠2.5mgを服用中であった。半年前から残尿感の自覚と尿勢の低下を認めていた。検診で、前立腺特異抗原(PSA)が37.18ng/mLであった。 精密検査の結果、前立腺がんの診断を受け、ホルモン療法が開始された。

(処方1)
リュープロレリン酢酸塩注射用キット3.75mg   1キット
4週間に1回 皮下注射

主に初回投与初期に出現する副作用はどれか。1つ選べ。

  1. ほてり
  2. LDLコレステロール値の上昇
  3. 血栓塞栓症
  4. 骨密度の低下
  5. うつ状態

この問題のポイントはリュープロレリン酢酸塩注射用は「ホルモン」であるため、投与初期にほてりが出ることがあります。

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

  1. 〇 下垂体-性腺系刺激作用による血清テストステロン濃度が変化するため、投与初期にほてりがあることがあります。
  2. × LDLコレステロール値の上昇はリュープロレリン酢酸塩(商品名:リュープリン)の副作用ですが、初回投与初期にみられることはほとんどありません
  3. × 血栓塞栓症はリュープロレリン酢酸塩(商品名:リュープリン)の副作用ですが、初回投与初期にみられることはほとんどありません。
  4. × 骨密度の低下はリュープロレリン酢酸塩(商品名:リュープリン)の副作用ですが、初回投与初期にみられることはほとんどありません。
  5. × うつ状態はリュープロレリン酢酸塩(商品名:リュープリン)の副作用ですが、初回投与初期にみられることはほとんどありません。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-