【薬剤師国家試験 実務 第104回 問339】

37歳男性。身長170cm 体重62kg。食道狭窄及び消化管出血のため絶食となり、高カロリー輸液の投与が開始された。他に投与されている薬剤はない。

(処方1)
25%ブドウ糖含有の基本輸液 700mLバッグ          2バッグ
10%アミノ酸含有総合アミノ酸製剤 300mLバッグ    2バッグ
高カロリー輸液用微量元素製剤2mLアンプル   1アンプル
高カロリー輸液用総合ビタミン剤 1アンプル
1日1回 中心静脈より持続点滴 24時間

(処方2)
20%脂肪乳剤 100mL                1バッグ
1日1回 末梢静脈より持続点滴 4時間

患者データ Na 131mEq/L、Cl 114mEq/L、K4.4mEq/L、Cr0.9mg/dL、 WBC 8000/μL、RBC 258万/μL、便潜血(+)

25%ブドウ糖含有の基本輸液、10%アミノ酸含有総合アミノ酸製剤1バッグ当たりのカリウム及びナトリウム量は以下のとおりである。

K⁺(mEq)

Na⁺(mEq)
基本輸液/バッグ

30

0
総合アミノ酸製剤/バッグ

 0

約0.60

この処方を監査した薬剤師が、医師に照会すべき内容として適切なのはどれか1つ選べ。

  1. 投与水分量の不足
  2. 味覚障害の発症
  3. 投与ナトリウム量の不足
  4. 偽アルドステロン症の発症
  5. 乳酸アシドーシスの発症

引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問339
1.× 成人が1日当たりに必要な水分量は2000mLとされています。25%ブドウ糖含有の基本輸液700mL×2バッグと10%アミノ酸含有総合アミノ酸製剤300mL×2バッグで合計2000mL摂取しているので、投与水分量の不足は問題ないと考えられます。

2.× 味覚障害は亜鉛不足で生じることがあります。亜鉛は「高カロリー輸液用微量元素製剤」に含まれているため、味覚障害は発症しないと考えられます。

3.〇 「10%アミノ酸含有総合アミノ酸製剤」を2バッグ投与することによりNa⁺を1.2mEq投与することができます。血清Na⁺が基準値内(135~147mEq)の場合のTPN(高カロリー輸液)の投与量目安はNa⁺1~2mEq/kg/日です。問題文の患者は血清Na⁺が基準値よりも低いため、この処方内容ではNa⁺が不足する可能性があります。

4.× カンゾウ含有製剤の過剰服用により偽アルドステロン症を発症することがあります。本患者さんはカンゾウ含有製剤を服用していないので偽アルドステロン症を発症する可能性は低いです。また、偽アルドステロン症の患者は、アルドステロンの分泌量は正常にも関わらずNa⁺再吸収およびK⁺排泄が亢進し、血清K値が低下してしまいます。

5.× 乳酸アシドーシスはビタミンB1不足時に生じることがあります。ビタミンB1は「高カロリー輸液用総合ビタミン剤」に含有されているので、本患者さんが乳酸アシドーシスになる可能性は低いと考えられます。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-