【薬剤師国家試験 実務 第104回 問337】

問337 6歳男児。体重20kg。歯科診療所で抜歯後、母親がこの男児の処方箋を薬局に持参した。

処方

【般】アセトアミノフェンシロップ2% 8mL

疼痛時、頓服 5回分 (1日3回まで、6時間あける)

男児はシロップ剤が苦手のため、母親は粉薬への変更を希望した。薬局にはアセトアミノフェン細粒20%がある。 アセトアミノフェンシロップ2%及び細粒20%の添付文書には、「通常、アセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10~15mgを経口投与する」と記載されている。本症例に対し、薬剤師が処方医に対して行う対応の中で適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. アセトアミノフェンの1回量が過剰であることを疑義照会する。
  2. アセトアミノフェンの1回量が不足であることを疑義照会する。
  3. アセトアミノフェン細粒20%1回量2g、5回分への変更提案をする。
  4. アセトアミノフェン細粒20%1回量1g、5回分への変更提案をする。
  5. アセトアミノフェン細粒20%1回量5g、5回分への変更提案をする。

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問337

解答 ②④

体重20kgの男児への1回投与量は、「通常、アセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10~15mgを経口投与する」より200~300mgです。

「アセトアミノフェンシロップ2%」は1mL中にアセトアミノフェンが20mg含まれています。そのため、1回8mL=160mgとなり、1回量が不足しています。

また、アセトアミノフェン細粒20%は1g中にアセトアミノフェンが200mg含まれているため、「アセトアミノフェンシロップ2%」は1gの変更提案が妥当と考えられます。

 

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております

-PR-