【薬剤師国家試験 実務 第104回 問331】

問331 以下のレジメンを肺がん患者(体表面積 1.70㎡)に適用することになり、薬剤師がミキシングを行うこととなった。1バイアルあたり500mg充填されている ペメトレキセド(凍結乾燥品)を使用し、1バイアルあたり20mLの生理食塩液で溶解する場合、ペメトレキセドの1日当たりの投与量(薬液量)として正しいのはどれか。1つ選べ。

抗がん薬 投与量 投与経路 Day1 Day8 Day15 Day22
ペメトレキセド 500mg/㎡ 点滴静注    
  1. 14mL
  2. 20mL
  3. 34mL
  4. 40mL
  5. 68mL

引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問331

解答③

体表面積1.70㎡の人へのペメトレキセドの投与量は500mg/㎡×1.70㎡=850mgとなります。よって、ペメトレキセドの1日当たりの投与量をXmLとすると、500mL : 850mL=20mL : XmLとなり、X=34mLとなります。よって、ペメトレキセドの1日当たりの投与量は34mLです。
※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-