【薬剤師国家試験 実務 第104回 問326】

【実務】

問326 55歳女性。159cm、60kg。卵巣がんにて、パクリタキセル、カルボプラチン、ベバシズマブを用いた外来化学療法を施行している。来院日の臨床検査値から判断して、医師はレノグラスチム注100ngを投与して、以下の処方を追加した。 臨床検査値は、体温37.8℃、白血球数2000 個/μL、好中球40%(白血球百分率)、血清クレアチニン値0.64mg/dL、eGFR74.0mL/min/1.73m2 であった。

(処方) セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg 1回1錠(1日3錠) 1日3回 朝昼夕食後 5日分

薬剤師はこの処方に疑義を抱いた。薬剤師が行う処方提案として、適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mgを1回1錠、1日2回朝夕食後にする。
  2. セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mgを1回1錠、1日1回朝食後にする。
  3. レボフロキサシン錠250mgを1回1錠、1日1回朝食後にする。
  4. レボフロキサシン錠500mgを1回1錠、1日1回朝食後にする。
  5. シプロフロキサシン塩酸塩錠100mgを1回2錠、1日2回朝夕食後にする

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問326

【血清クレアチニン値0.64mg/dL、eGFR74.0mL/min/1.73m2】と腎機能は正常であると考えられます。→eGFRは60以上であり、血清クレアチニン値は1を超えていない、年齢も若いため、腎機能は正常であると考えられます。
eGFR (mL//1.73m2)‥体表面積が1.73m2と仮定した時のeGFR。日本人の平均体表面積である1.48m2を用いていたが、近年、日本腎臓学会で世界基準である1.73m2に変更された。CKD重症分類に用いられる。

Cockcroft-Gault法」によるCcrの計算しても腎機能は正常であることがわかります。【Ccr(mL/分=(140-年齢)×体重/(72×sCr) (女性の場合は×0.85)】

1.× 腎機能は正常であるため、セフカペンピボキシル(商品名:フロモックス)は1回100mgを1日3回食後投与します。(添付文書より)

2.×  1と同様の理由です。

3.× 腎機能は正常であるためレボフロキサシン(商品名:クラビット)は1回500mgを1日1回投与します。腎機能低下患者であれば、レボフロキサシン錠250mgを1回1錠、1日1回となります。

4.〇

5.〇 シプロフロキサシン(商品名:シプロキサン)は1日1回100~200mgを1日2~3回投与します。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-