【薬剤師国家試験 実務 第104回 問322−323】

問322−323

介護支援専門員(ケアマネージャー)から、自宅内に薬が散乱している利用者がいるので、薬剤の管理をしてもらえないかという相談があった。相談を受けた薬剤師は、ケアマネージャーから、この利用者は72歳、独居、要支援2であること、複数の医療機関を受診し、複数の薬局から薬剤が交付されていることを聴取した。

問322(法規・制度・倫理)

介護保険法における要支援認定に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 要支援認定を受けた者には、医療保険より介護保険の適用が優先する。
  2. 要支援状態は5段階に区分されている。
  3. 要支援認定には、有効期間の定めがない。
  4. 要支援認定を受けた者に対する保険の給付を、要支援給付という。
  5. 要支援認定の申請は、市町村に対して行う。

問323(実務)

当該患者(利用者)に関してこの薬剤師が行うことのうち、適切でないのはどれか。1つ選べ。

  1. 薬剤の保管状況を確認する。
  2. 患者の服薬状況を確認する。
  3. 主治医に患者の現在の薬剤管理状況を伝える。
  4. 患者に特別養護老人ホームへの入所が可能であることを説明する。
  5. 主治医に薬剤師による介護予防居宅療養管理指導の実施を提案する。

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問322

1.〇  薬剤師が行う在宅サービスには「在宅患者訪問薬剤管理指導(医療保険)」、「居宅療養管理指導(介護保険)」あります。要支援認定を受けた者には、医療保険より介護保険の適用が優先がされるため、「居宅療養管理指導(介護保険)」を算定することになります。

2.× 要支援状態は2段階、要介護状態は5段階に区分されています。要介護状態の方がより多くのサービスを受けることができます。

3.× 要支援認定は、原則として1~2か月ごとに更新されます。場合によっては3~24か月ごとに更新されます。

4.× 要支援認定を受けた者に対する保険の給付を予防給付と言い、要介護認定を受けた者に対する保険の給付を介護給付と言います。

5.〇

問323

1.〇

2.〇

3.〇

4.× 特別養護老人施設への入所条件は、原則要介護3以上の高齢者に限定されており、食事や入浴等の日常生活を行うにあたり自宅での生活が困難な場合に入所できます。

5.〇 薬剤師が居宅療養管理指導を行う際には、医師の指示が必要です。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-