【薬剤師国家試験 実務 第104回 問324−325】

問324−325

隣接県において、直下型の地震が発生した。ある薬局においては、医薬品、物品等が床に落ちたものの、調剤室が損壊するなどの復旧工事を要するような大きな被害は生じなかった。しかし震源地周辺の広範囲において、建物の崩壊やライフラインの寸断等、大きな被害が発生し、内閣府には緊急災害対策本部が設置された。

問324(法規・制度・倫理)

この薬局に勤務する薬剤師の地震発生後の活動として、誤っているのはどれか。1つ選べ。

  1. 避難所での活動に参加し、被災者に必要な一般用医薬品を供給した。
  2. 医師会から薬剤師会にJMATへの協力要請があり、参加薬剤師の募集がなされたので、参加の意思を表明した。
  3. ボランティアが不眠を訴えたので、処方箋はなかったが、向精神薬を交付した。
  4. 被災者から、健康や食事の相談を受けたため、アドバイスを行った。
  5. 被災地に送られてくる医薬品の集積場所において、医薬品の仕分け、管理を行った。

注)JMAT:日本医師会災害医療チーム

問325(実務) このような災害への備えとして平時に薬局で準備しておくこととして適切でないのはどれか。1つ選べ。

  1. 災害時連絡先の一覧表の作成
  2. 近隣の医療機関・薬剤師会との連携の確認
  3. 卸売販売業者との医薬品供給体制の確認
  4. 災害時対応についての患者教育の地方自治体への一任
  5. 災害時用備蓄医薬品の選定と確保

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

常識を問われる、容易な問題と考えられます。

問324 

1.〇

2.〇

3.× 医療用医薬品を交付するには処方箋が必要です。

4.〇

5.〇

問325

1.〇

2.〇

3.〇

4.× 一任するのではなく、互いに協力しあうことが大切です。

5.〇

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-