【薬剤師国家試験 実務 第104回 問304−305】

問304−305
52歳男性。身長170cm、体重65kg。3年前、胃がんのため胃亜全摘切除手術を受け、近医で経過観察していた。今回の定期検診で肝転移が見つかり、化学療法導入目的で大学病院に紹介入院となった。全身倦怠感、動悸を自覚しており、貧血に対して処方1の薬剤が処方されていたが、入院時の血液検査の結果により、 処方1に替えて処方2が開始された。

(処方1) クエン酸第一鉄ナトリウム錠50mg  1回1錠(1日1錠)1日1回 朝食後 14日分

(処方2) 含糖酸化鉄注射液40mg/2mL(注)1回1本1日1回 9:00am  静脈注射(側管から) (注:コロイド性の静脈注射用鉄剤。pH9.0~10.0)

問304(実務)

処方2について、看護師から病棟薬剤師に、投与前後の注意事項や観察項目に関する情報提供の依頼があった。回答として誤っているのはどれか。1つ選べ。

  1. 希釈するときは生理食塩液を用いてください。
  2. 配合変化が起こりやすいので、注意して点滴ルートを観察してください。
  3. ゆっくり(2分以上かけて)投与してください。
  4. 血管外漏出がないかどうか、投与部位の疼痛や腫脹に注意してください。
  5. 投与後、頭痛の訴えや顔面潮紅などがないか観察してください。

問305(病態・薬物治療)

処方2を2週間実施した後に血液検査が実施され、以下の結果が得られた。

RBC340万/nL、Hb10.2g/dL、Ht30.0%、MCV105fL、MCH39pg、血清ビタミンB12 値80pg/mL(基準値200~1000pg/mL)、血清総葉酸値11.5ng/mL (基準値6.0~20ng/mL)

本症例における貧血治療の今後の方針として適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. メコバラミン注射液の筋肉内投与
  2. 葉酸錠の経口投与
  3. クエン酸第一鉄ナトリウム錠を増量して再開
  4. プレドニゾロン錠の経口投与
  5. 脾臓の摘出術

引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問304

1.× 含糖酸化鉄注射液(商品名: フェジン)は10〜20%のブドウ糖以外で希釈すると遊離鉄イオンが多量に生じることがあります。遊離鉄イオンは組織に直接作用し、悪心嘔吐、発熱の原因となることがあります。製剤学的にはコロイド粒子は直径1nm~1μmの粒子で、コロイド溶液は界面活性剤による静電気的反発により安定性を保ちます。よって、生理食塩液などの電解質溶液を加えると静電気的反発が低下し、凝集沈殿をおこすことがあります。

2.〇

3.〇 投与速度が速いと吐き気などの副作用リスクが上昇することがあります。

4.〇

5.〇

問305

  1. 〇 本患者は、MCV 105(基準値81~100fL)、MCH 39(基準値27~34pg)が高値であることから、巨赤芽球性貧血であると考えられます。巨赤芽球性貧血には、ビタミンB12の吸収障害によって起こる悪性貧血と、葉酸欠乏によって起こる葉酸欠乏性貧血がありますが、本患者はビタミンB12が基準値を下回っているので悪性貧血であると考えることができます。よって、メコバラミン注射液(商品名:メチコバール)を用いるのが適切であると考えられます。巨赤芽球性貧血は、胃内因子が欠乏することで吸収障害を起こしていると考えられるので、メコバラミンの経口投与は無効となります。

2.× 葉酸錠(商品名:フォリアミン)は葉酸欠乏性貧血に用います。

3.× クエン酸第一鉄ナトリウム錠(商品名:フェロミア)は体内の鉄分不足によって生じる鉄欠乏性貧血に用います。

4.× プレドニゾロン錠(プレドニン錠)は、自己赤血球に対する抗体により赤血球が破壊されて溶血を起こす、自己免疫性溶血性貧血に用います。自己免疫性溶血性貧血はⅢ型アレルギーに分類されます。

5. ×

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-