【薬剤師国家試験 実務 第104回 問300−301】

問300−301
50歳男性。身長175cm、体重80kg、血清クレアチニン1.5mg/dL。眼内炎、遷延する発熱、中心静脈カテーテル刺入部位の発赤及び圧痛があり、中心静脈カテーテル刺入部関連感染の疑いと診断された。細菌感染に対する抗菌療法に反応せずカテーテル刺入部の膿、末梢血培養で真菌陽性、血液検査でβ-D–グルカン陽性のため、カテーテルを抜去し、ホスフルコナゾールによる治療を開始したが、治療反応性が悪かった。その後、刺入部位膿と血液の培養の結果、Candida krusei (カンジタ属真菌)が検出された。

 

問300(病態・薬物治療)

 この患者の真菌感染症に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 表在性真菌感染症である。
  2. ST(スルファメトキサゾール・トリメトプリム)合剤が有効である。
  3. 日和見感染症と考えられる。
  4. 鳥類の糞便中で増殖したものが、感染源となった可能性が高い。
  5. 侵襲性カンジダ症の1つである。

 

問301(実務)

本症例に対して、アムホテリシBリポソーム製剤を静脈内投与することとした。この薬剤の投与に関して適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 溶解液を加えて振とうし、沈殿物が認められた場合は、添付のフィルターでろ過する
  2. 添付のフィルターは、アルコールで消毒すれば再使用できる。
  3. 15分以内で静脈内に点滴投与する。
  4. 投与中あるいは投与後に発熱、悪寒、悪心等が発現しないかを観察する。
  5. 投与期間中は、腎機能を定期的にモニターする。

引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

 

問300

1. × 中心静脈カテーテル刺入部関連感染の疑いのため、表在性真菌感染症ではありません。表在性真菌症とは感染場所が体表に存在する疾患で、白癬症が有名です。一方深在性真菌症は真菌が肝臓や肺などの臓器の中に入り込んで感染を起こす疾患で、カンジダ症やアスペルギルス、クリプチコッカスが代表的な真菌です。
2. × ST合剤はニューモシスチス肺炎などに用います。
3. 〇 Candida krusei (カンジタ属真菌)は日和見感染の代表的な真菌の一つです。
4. × 鳥類の糞便中で増殖したものが感染源となるのはクリプトコッカスです。
5. 〇

 

問301

1.× 直ちに振とうし、均一な黄色の半透明な液になるまで激しく振り混ぜて完全に溶解させる必要があります。溶解にあたっては注射用水のみを使用することが必要です。
2. × 1回限り使用可能です。
3. × 体重1kgあたり2.5~5.0mgを1~2時間かけて点滴静注します。
4. 〇 無顆粒球症の副作用に注意が必要です。
5. 〇 腎障害があらわれることがあるので、腎機能や電解質を定期的にチェックする必要があります。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております

-PR-