【薬剤師国家試験 実務 第104回 問296−297】

問296−297
66歳女性。忙しい夫の会社を手伝っている。遠方に住む共働きの息子夫婦に半年ほど前に子供ができ、世話を頼まれたので、忙しい中、自宅と息子夫婦の家の行き来を繰り返している。2~3週間前より、気分が優れず、食欲がなくなり、眠りにつくにも時間がかかるようになった。女性は、理由はわからないが「きっと私のせいで夫の会社が倒産する」と思うようになった。心配した夫と一緒に精神科を受診し、うつ病と診断された。以下の処方箋を持ってこの患者が来局した。

(処方1)
セルトラリン錠25mg 1回1錠(1日1錠) 1日1回 夕食後 7日分

(処方2)
エチゾラム錠0.5mg 1回1錠(1日3錠) 1日3回 朝昼夕食後 7日分

(処方3)
エスゾピクロン錠1mg 1回1錠(1日1錠) 1日1回 就寝前 7日分

問296(病態・薬物治療)

この患者の病態、症状及び検査に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1   Self rating Depression Scale(SDS)は診断に有用な評価スケールである。

2   被害妄想状態が認められる。

3   誇大妄想や精神運動制止が認められる。

4   食欲不振は身体症状である。

5   睡眠障害は中途覚醒である。

問297(実務) 薬剤師がこの患者に対して行う説明として、適切なのはどれか。2つ選べ。

1   胃腸症状が出現したら休薬してください。

2   処方1は、処方2の副作用を軽くするための薬剤です。

3   睡眠途中で目覚めた時の出来事を覚えていないことがあります。

4   口が乾くことがあります。

5   処方2と処方3の薬剤は長期間服用する必要があります。

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問296

1. 〇

2.× うつ病でみられる妄想は心気妄想や貧困妄想など自己評価低下を内容とするもの多いです。「きっと私のせいで夫の会社が倒産する」という記述から被害妄想状態ではないと考えられます。

3.× 躁病や統合失調症でみられます。

4.〇 うつ病では身体症状として食欲不振がみられることがあります。SSRIであるセルトラリンは食欲増進の作用もあります。

5.× うつ病でみられる入眠障害です。「眠りにつくにも時間がかかるようになった」という記述から入眠障害であることがわかります。エスゾピクロン錠(商品名:ルネスタ)は作用時間から入眠障害と中途覚醒の両方に効果がある薬剤と言われています。

問297

1.× 自己判断で休薬せず、医師や薬剤師に相談するよう伝えます。SSRIの副作用として胃腸症状があげられます。服薬初期に発現することが多く、だんだんと慣れが生じます。胃腸症状の副作用予防としてSSRIは少量からスタートするケースがほとんどです。

2.× セルトラリン錠(商品名:ジェイゾロフト錠)はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)であり、 エチゾラム(商品名:デパス)はベンゾジアセピン系の抗不安薬です。セルトラリン錠の補助としてエチゾラムが使用されていると考えられます。ただし、エチゾラムは依存性が出る薬剤であり、厚労省は2017年に依存性がある薬剤として注意喚起を行われた薬剤の一つです。

3.〇 エスゾピクロン(商品名:ルネスタ)の副作用の一過性健忘の記述です。ベンゾジアセピン系の薬剤では一過性健忘の副作用が現れることがあります。

4.〇 エチゾラム(商品名:デパス)、エスゾピクロン(商品名:ルネスタ)には抗コリン作用があります。ベンゾジアセピン系の薬剤では抗コリン作用がある薬剤がほとんです。抗コリン作用により、口渇、便秘などの副作用が生じることがあります。

5.× 依存を避けるため、長期投与は行いません。依存がない睡眠薬の例として、スボレキサント錠((商品名:ベルソムラ)やラメルテオン錠((商品名:ロゼレム)が挙げられます。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-