【薬剤師国家試験 実務 第104回 問292−293】

問292−293

35歳男性。身長175cm、体重65kg。最近、急に昼間・夜間を通じて排尿回数が増加し、口渇のため大量飲水するようになったため近医に相談したところ、大学病院を紹介され入院となった。入院時に患者は頓用で使用しているロペラミド製剤を持参した。入院後に行った検査結果に基づいて、デスモプレシン酢酸塩水和口腔内崩壊錠による治療が開始されることになった。

問292(病態・薬物治療) 入院時の血液検査結果として考えられるのはどれか。1つ選べ。

1. クレアチニン値の上昇
2. ヘモグロビンA1c(HbA1c)値の上昇
3. コレステロール値の上昇
4. ナトリウム濃度の上昇
5.カルシウム濃度の上昇

問293(実務)
デスモプレシン酢酸塩水和物口腔内崩壊錠の医薬品インタビューフォームを確認 したところ、以下の図が掲載されていた。なお、デスモプレシン普通錠を投与し た場合には、エリスロマイシン投与によるAUC、Cmaxの有意な変化は認められ なかった。

※デスモプレシン普通錠:デスモプレシン酢酸塩水和物400 ngを含有する錠剤

 

図.デスモプレシン血漿中濃度推移に与えるロペラミドの影響

本症例の薬物治療に関する記述のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. デスモプレシン酢酸塩水和物口腔内崩壊錠を食後投与から食前投与に変更した場合、投与後に有害事象の発現リスクが上昇する可能性がある。
  2. デスモプレシン酢酸塩水和物口腔内崩壊錠は大量の水で服用を勧める。
  3. ロペラミドの併用により血漿中デスモプレシン濃度が上昇し、薬効が延長する可能性がある。
  4. ロペラミドとデスモプレシンの相互作用はCYP3A4による代謝の阻害により起こると考えられる。

引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

 

 

問292

  1. × クレアチニンは腎機能の指標です。腎機能が悪化している患者はクレアチニン値が上昇します。
  2. × ヘモグロビンA1c(HbA1c)は過去1~2か月間の血糖状態を表します。糖尿病の診断に用いられます。
  3. × 脂質異常症の診断に用いられます。
  4. 〇 症状や治療薬から、この患者さんは中枢性尿崩症であると考えられます。中枢性尿崩症はバソプレシンの産生・分泌が低下し、多尿・口喝となります。その結果、体内の血流量が低下し、アルドステロンの分泌が上昇し、高ナトリウム血症となる可能性があります。
  1. × カルシウムは腎不全低下時や副甲状腺機能低下時に低下します。

問293

  1. 〇  空腹時投与により血中濃度が上がっているため、有害事象のリスクも上昇する可能性があると考えられます。
  1. × デスモプレシン酢酸塩水和物OD錠(商品名:ミニリンメルト)は、唾液で速やかに溶解します。中枢性尿崩症治療における水分管理の観点から、水なしで服用することが望ましいと考えられます。
  1. × ロペラミドの消化管運動抑制作用によりデスモプレシン酢酸塩水和物OD錠(商品名:ミニリンメルト)の消化管吸収が上昇するので相互作用に注意する必要がある。「デスモプレシン普通錠を投与した場合には、エリスロマイシン投与によるAUC、Cmaxの有意な変化は認められなかった。」の問題文の記述からデスモプレシンはCYP3A4による代謝には影響がないことが理解できる。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-