【薬剤師国家試験 実務】第103回 問252-253

問 252−253 76歳女性。狭心症。大学病院の紹介で、自宅近くの診療所を初めて受診し、以下の処方箋を薬局に持参した。薬剤師が、初回来局である患者の聞き取りを行ったところ、歯科治療中であった。

(処方1)

リシノプリル水和物錠10mg 1回1錠(1日1錠)

アスピリン腸溶錠100mg 1回1錠(1日1錠)

ボノプラザンフマル酸錠10mg 1回1錠(1日1錠)

ジルチアゼム塩酸塩徐放カプセル100mg 1回1カプセル(1日1カプセル)

1日1回 朝食後 28日分

 

(処方2)

ロスバスタチンカルシウム錠2.5mg  1回1錠 (1日1錠)  

1日1回 夕食後 28日分

 

(処方3)

ニコランジル錠5mg  1回1錠 (1日3錠) 

1日3回 朝昼夕食後 28日分

 

(処方4)

硝酸イソソルビドテープ40mg  1回1枚 (1日1枚) 

1日1回 起床時 28日分

 

 

問 252(実務)

薬剤師がこの患者に行う指導として、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 咳が続く時は、医師又は薬剤師に相談してください。

2 テープ剤は、必ず心臓の真上に貼ってください。

3 抜歯の際は、ボノプラザンフマル酸錠の服用を中止してください。

4 頭痛、立ちくらみが起こることがあるので注意してください。

 

 

問 253(薬理)

処方された薬物のうち、サイクリック GMP(cGMP)依存性プロテインキナーゼを活性化して血管拡張作用を示すのはどれか。2つ選べ。

1 リシノプリル

2 アスピリン

3 ジルチアゼム

4 ニコランジル

5 硝酸イソソルビド

 

 

 

回答

問252  正解は1と4である。

1 正 咳が続く時は、医師又は薬剤師に相談してください。→ACE (angiotensin converting enzyme) 阻害薬の代表的な副作用として空咳が起こる可能性がある。ARB (AngiotensinII Receptor Blocker) が発売されてから空咳の副作用を回避するためにACEはあまり使われなくなった。しかし、薬価や効果などの理由、副作用の頻度の再考からACEが見直されつつある。

  1. 誤 硝酸イソソルビドテープの用法は「胸部、上腹部又は背部のいずれかに貼付する。」とある。全身循環系に吸収されて薬効を示す経皮吸収型の貼付剤であるため、必ずしも心臓部分に貼る必要はない。
  2. 誤 PPI (プロトンポンプ阻害薬 : 胃酸分泌抑制薬)であるボノプラザンフマル酸錠は抜歯時に中止は必要なし。アスピリン腸溶錠は抗血小板薬であるため、抜歯時や手術時には注意が必要である。最近ではかならずしも抜歯で中止するとは限らない。脳梗塞などのリスクを考慮し、中止しないケースも少なくない。
  3.  正 ニコランジル、ジルチアゼムなどに血管拡張作用があり、頭痛、立ちくらみが出る可能性がある

問253  正解は4と5である。

ニコランジル錠‥冠血管拡張作用では、亜硝酸薬と同様に冠血管平滑筋のグアニル酸サイクラーゼ活性化によるcyclic‐GMP産生量の増大が考えられている。(添付文書より)

-PR-

硝酸イソソルビドはニトログリセリン同様、構造中より一酸化窒素(NO)を放出し、細胞内cGMP量を増加させることで血管平滑筋を弛緩させる。その結果、心臓に対する前後負荷が軽減され、うっ血性心不全の血行動態が改善される。(添付文書より)