【薬剤師国家試験 実務】 第103回 問246-247

【問246−247】 66歳男性。内科で処方された以下の薬剤(処方1、2 )を指示通りに服用していた。別の病院の泌尿器科を受診し、前立腺肥大症と診断された。泌尿器科で処方された前立腺肥大症治療薬を自宅で服用したところ、ひどい立ちくらみが起こり救急車で搬送され、血圧降下が原因と診断された。

(処方1)

オルメサルタンメドキソミル錠20mg 1回1錠 (1日1錠)

シタグリプチンリン酸塩水和物錠50mg 1回1錠 (1日1錠)

アスピリン腸溶錠100mg 1回1錠 (1日1錠)

ラベプラゾールナトリウム錠5mg 1回1錠 (1日1錠)

1日1回 朝食後 28日分

(処方2)

イコサペント酸エチル粒状カプセル900mg 1回1包(1日2包)

1日2回 朝夕食後 28日分

問246(実務)
泌尿器科から処方された前立腺肥大症治療薬で、上記処方薬との併用で強い血圧
降下の原因となった可能性があるのはどれか。1つ選べ。
1 ナフトピジル
2 デュタステリド
3 アリルエストレノール
4 セルニチンポーレンエキス
5 ビカルタミド

問247(薬理)
この患者で立ちくらみの原因となった薬の作用点はどれか。2つ選べ。
1 アドレナリンa1 受容体
2 アンギオテンシンⅡAT1 受容体
3 H+,K+︲ATPase
4 シクロオキシゲナーゼ
5 アンドロゲン受容体

 

 

 

 

 

 

(解答)

問246
正解は1である。
1. α受容体は血管と前立腺に存在する。
α遮断薬は降圧作用が高い or 前立腺部位に選択性が高いによって、効能が降圧薬or前立腺肥大症治療薬に分類される。中にはウラピジル (商品名 エブランチル) のように添付文書の効能に高血圧症と前立腺肥大に伴う排尿障害の両方の適応がある薬剤もある。(実際の臨床現場ではウラピジル (商品名 エブランチル)は排尿障害で使用するケースが多い。)
今回は、前立腺肥大症に伴う排尿障害の適応のみであるが、α遮断薬であるため、血圧低下を引き起こす可能性があるナフトピジル (フリバス) が正解となる。2 デュタステリド(アボルブ)。5α還元酵素を両者とも阻害し、テストステロンから活性の高いアンドロゲンであるDHT(ジヒドロテストステロン)への変換を抑制することにより、肥大した前立腺を縮小させる。効果発現まで時間がかかる。(半年くらいかかる)実際の臨床では、他の前立腺肥大治療薬と併用して使用されることも多く、注目の薬剤である。
また、この薬剤は経皮吸収されることから、女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れないことに注意が必要である。
3. 1996年に発売された薬剤である。現在使用されるケースは少ない。アボルブと作用機序は似ている。
4. セルニチンポーレンエキス (セルニルトン)生薬に近い薬。植物の花粉の混合物を微生物消化した後,水で抽出して得た粉末エキス(セルニチンT-60)と,有機溶媒抽出の軟エキス(セルニチンGBX)を,20:1の比率で含む薬剤。
5. ビカルタミド適応は前立腺癌。抗アンドロゲン作用により抗腫瘍効果を示す。

 

 

問247(薬理)

正解は1と2である。
1 アドレナリンa1 受容体 → ナフトピジルによるもの
2 アンギオテンシンⅡAT1 受容体 →オルメサルタンメドキソミル錠
3 H+,K+︲ATPase→ ラベプラゾールナトリウム (プロトンポンプ阻害薬 PPI)
PPIはピロリ菌除去剤としても使用されており、効果が非常の高い胃薬である。
4 シクロオキシゲナーゼ →アスピリン腸溶錠
5 アンドロゲン受容体→ビカルタミド

補足) シタグリプチンリン酸塩水和物錠→DPP4阻害薬。血糖降下薬である。低血糖の起こるリスクが少ないことが特徴である。

-PR-