【薬剤師国家試験 実務 第104回 問343】

問343
45歳男性。腎移植術2日前よりタクロリムスカプセルを1日1回10mg服用し、術後はタクロリムス注射液を投与されている。この患者におけるタクロリムスのTDMについて適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 術後1週間程度は頻回に測定する。
  2. 術前に最低1回はTDMを行う。
  3. TDMには血漿を用いる。
  4. タクロリムスの投与2時間後に採血する。
  5. 退院後は有効血中濃度の上限を目標とする。

引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31年2月23日、2月24日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

問343

タクロリムスは血中濃度のトラフ値(内服前の最も低い血中濃度)で測定する必要があることがこの問題のポイントです。

1.〇 タクロリムス(商品名:プログラフ)投与中は、手術後1週間程度は頻回に測定します。

2.〇 移植日の術前にTDMを行うべきです。

3.× 血中タクロリムス(商品名:プログラフ)は赤血球分画に多く存在するので、全血を用いてTDMを行います。

4.× タクロリムス(商品名:プログラフ)のTDMはトラフ値を用います。

5.× 初めの 2 週間は高トラフ (10~15ng/ml)、その後は低トラフ(5~10ng/ml)を目標とします。(タクロリムスの有効血中濃度は5~20ng/mL)。

※当websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-