【A】粉砕不可である。腸溶性の内核にアスピリンを含むため。

外殻層にクロピドクレル硫酸塩 (クロピドグレルとして75mg) 、及び腸溶性の内核にアスピリン (100mg)を含むフィルムコーティング錠 (有核錠) である。

(参考 : コンプラビン配合錠 インタビューフォーム第10版)

https://e-mr.sanofi.co.jp/-/media/EMS/Conditions/eMR/di/interview/complavin.pdf?la=ja-JP

-PR-