セリンクロ錠10mgは2019年2月26日に薬価収載され、2019年3月5日に発売される。

特徴まとめ

  • 適応はアルコール依存症患者における飲酒量の低減
  • 用法 • 用量 : 1回10mg (飲酒の1〜2時間前に服薬) 1日1回まで
  • 最大用量は1日20mg まで
  • アルコール依存症の診断は国際疾患分類などの適切な診断基準に基づき、基準を満たす場合のみ投与可能
  • 多量飲酒の目安は男性60g超え、女性40g超え
  • 服薬忘れ→飲酒し始めて気づいた時点で服薬。服薬終了後には服薬は不可
  • 1年をこえての服薬の経験はない→1年以内
  • 作用機序は内因性オピオイドに拮抗する
  • 併用禁忌はオピオイド系薬剤
  • 副作用は悪心 (31%)、めまい (16%)、傾眠 (12.7%)など

セリンクロ錠10mg作用機序
アルコールはμオピオイドとκオピオイドのシグナルを増強させる。
• μオピオイド→快感
• κオピオイド→不快

アルコール依存症では、μオピオイドとκオピオイドのシグナル伝達をさらに増強させるので、快感と不快の波が高くなる。不快になると、不快感を脱するために、さらにアルコールを飲みたくなるというサイクルに陥るため、アルコールがやめられなくなる。

セリンクロはオピオイド調節薬であり、μオピオイドとκオピオイドに作用し、快感と不快の波を小さくする。

-PR-