【薬剤師 漫画】アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり

医師には「ブラックジャックによろしく」や「コウノドリ」、看護師には「Nsあおい」など実際の医療のリアルな現場を描いた有名な漫画がそれぞれありますが、薬剤師にはこれまでに薬剤師のリアルな現場を描いた漫画はありませんでした。

しかし、2018年11月に待望の薬剤師の漫画が発売されました。タイトルは「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」です。

「アンサングシンデレラ」を直訳すると「unsung Cinderella」=「目立たないシンデレラ」や「陰のシンデレラ」ですが、「unsung hero= 縁の下の力持ち」などと訳されることから、「unsung Cinderella = 縁の下の力持ち(薬剤師) 」という意味なのかなと個人的には思います。

【総合病院の薬剤師として働く、葵みどり・26歳。医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、今日も彼女は患者の「当たり前の毎日」を守るため、院内を駆け回る!!称賛されなくてもあなたを支える医療ドラマ!!】
(アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 紹介文)

【医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、「当たり前の毎日」を守るため】というところが薬剤師をうまく表現できているなと感じました。

この漫画は薬剤師の中でも病院薬剤師に焦点をあてた漫画です。薬剤師の中で薬局勤務は57%、病院勤務は17% (2016年厚生省) ですので、薬剤師の中でも病院薬剤師はそこまで割合は多くありません。

漫画で描かれている調剤室、疑義照会、病棟活動などから病院薬剤師のリアルさが伝わってきます。薬剤師あるある的な笑いのシーンもあり、考えさせられる部分もありと、充実した内容となっています。また、医療原案は現役の病院薬剤師ということで、調剤室や薬の絵もリアルに描かれており、それぞれのシーンも現場を忠実に再現したかのようになっています。ネタバレなるのでこれ以上は書くことができませんが‥。

この漫画をきっかけにテレビアニメ化や映画化して、あまり知られていない薬剤師の業務を知ってもらえたらいいなあと思います。

追記1 : チーム医療にも焦点を絞っている漫画です。薬局薬剤師にも在宅医療というチーム医療が今後活発になってくるので、そのあたりも漫画になればいいなあと個人的には思います。

追記2 : 漫画は絵でも表現され、1ページあたりの情報量が非常に多いので、漫画化することで、薬剤師になりたいと思う中学生や高校生も増える。かつ、薬剤師の職能をもっと多くの人に知ってもらえそうですよね。

追記3 : 薬学部の学生教育にもこの漫画は使えると思います。本漫画で出てくる相互作用など専門的な部分や症例検討として使うのもありかもしれません。

追記4 : unsung hero  縁の下の力持ち
an unsung hero 世に知られていない英雄
unsung Cinderella 目立たないシンデレラ、目立たない隠れた才士

-PR-