【薬剤師国家試験 実務 第104回 問85】

85 

処方箋には先発医薬品が記載されていたが、患者が後発医薬品を希望した。そこで、後発医薬品の分割調剤1回目として7日分の調剤を行った。次回、残りをこの後発医薬品で調剤する場合に必要な最大錠数はどれか。1つ選べ。なお、処方箋 には変更不可の記載はない。

(処方)

ムコダイン®250mg 12錠 (16錠)

                                     13回 朝昼夕食後 28日分 (分割調剤1回目)

L︲カルボシステイン錠500mg 11錠 (13錠)

                                                                        13回 朝昼夕食後 7日分

  1. 21
  2. 42
  3. 63
  4. 84
  5. 126

 

(引用 厚生労働省 第104回薬剤師国家試験問題及び解答(平成31223日、224日実施)https://www.mhlw.go.jp/content/000491254.pdf)

85

分割調剤1回目で7日分調剤されているので、残りの調剤日数は28日分 – 7日分 = 21日分です。

後発品で調剤する場合、L-カルボシステイン錠500mg13錠必要なので、3/日 × 21日 = 63

よって、残りの調剤日数に必要な最大錠数は63錠です。

websiteの薬剤師国家試験問題解説は薬学生の教育を目的に掲載しております。

-PR-